神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍てつく風です。
手足の感覚がなくなります。
ほんとうに寒い東京です。

今年は、12月に1~2月の本格的な冬の季節になっています。

日本海側では大寒波です。
豪雪地帯ではさらに大雪が降っています。
太平洋側は乾燥して寒い天気です。
完全に冬型の気圧配置になっているのです。

大寒波は日本だけではありません。

ロシアでは12月中旬に大寒波が全土を襲いました。
シベリアでは零下50度近くになり、50人以上が死亡しました。
中国や内モンゴルでも零下40度以上になり、やはり多数の死者が出ました。
欧米でも寒波来襲です。
一方で南極では氷河が溶けるような気温です。

氷河期に突入する前です。
次のような事実があります。

世界中で、寒暖の差が激しくなります。
寒い季節ではますます寒くなります。
暑い季節ではますます暑くなります。

これに呼応する現象が太陽の黒点活動です。

太陽の黒点の活動が低下していきます。
黒点が全く現れない時期が出現します。
11年周期で増減する黒点の周期が長くなります。

太陽の南極と北極に磁場があります。
11年周期で磁場が同時に逆転します。

とんでも無いことが判明しました。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)の太陽観測衛星の『ひので』で観測成果があったのです。

通常の11年周期から12.6年周期へサイクルが伸びたのです!

南北の磁場の同時逆転が起こらずに、北極だけの磁場が逆転したのも判りました。
南北の磁場が非対称性になったのです。

同じ現象は、17世紀後半から18世紀初めに長期間太陽活動が低下し、寒冷化をもたらしたとされる「マウンダー極小期」でも起きたと考えられています。

「マウンダー極小期」は「マウンダー小氷河期」とも言います。
今年の6月にもこのブログでも取り上げています。

http://anusara.blog61.fc2.com/blog-entry-2099.html  (ここをクリックするとそれがでてきます)

国立天文台の常田佐久教授が公に報告しています。

「マウンダー極小期のような時 期に入ったと考えられる!」

つまり・・・・・、
来年以降、黒点の活動が低下していくと、小氷河期の可能性があると言うのです。

すでに太陽の活動の低下期に入ったと考えている学者が多いのも事実です。

もう一つの研究報告があります。
太陽の活動低下と巨大地震の関係です。
九州大学宙空環境研究センターの分析結果によって報告されました。

太陽の黒点が少ない活動極小期に巨大地震の発生頻度が上昇するのです!


M8.0以上の巨大地震は、79%が最小期に発生していたのです。
太陽黒点が少ない時期に月3~4回の強い太陽風の発生時に、M6.0以上の地震の70%が発生しているのです。

3.11の東日本大震災も太陽の黒点が少ない時期に発生したのです。
先日の大きな余震で、東京でも震度4になった地震もそうでした!

小氷河期に入ると地球全体が雲に覆われます。
そして・・・・・、
巨大地震が起こりえるのです。

先に述べた「小氷河期」として代表例が「マウンダー極小期」です。
1645~1715年の70年間です。

M8・2程度の元禄関東地震は、1703年です!
3連動型の宝永地震は、1707年です!

いずれもが巨大地震です!!!

小氷河期になると・・・・・、
東京地方が北海道並の寒冷化になると言われています。

雲で覆われます。
食糧難になります。
化石燃料だけでは生活できなくなります。
太陽光発電も効率が低下します。

どうやら本気で・・・・・、
耐震対策と、節電対策と、寒冷化対策を頭に入れて行動すべきかもですね!

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/12/27 00:14】 | 地球温暖化
トラックバック(0) |
ほんの2年前まで、地球は温暖化している!って大騒ぎしていましたね。
ノーベル賞まで受賞したアメリカ副大統領までいました。
炭酸ガスを出さないことが最重要課題でした。

ところが・・・・・、
巨大震災以降・・・・・、
とんと地球温暖化のお話しは聞きません。

どうしたのかしら?

ちょっと調べてみました。

オ~~~~ォ!

これは大変!!!
どうやら地球の気温は低下するかも知れないのです。

その根拠は5月末にNASAと日本の国立天文台から発表されました。
太陽の活動がこの20年間で徐々に弱まっているのです。

さらに4月にはやはり国立天文台より発表がありました。
太陽の磁場が奇妙な動きをしているのです。

太陽の磁場は11周期で変化します。
北極と南極で磁場が逆転するのです。
それが今年から滞っているのです。
これも太陽の活動低下を示しているときに起こるのです。


太陽の活動は、黒点の数でおおよそ判ります。


黒点


黒点の数が多いときに太陽活動が活発化しているのです。
その変動を詳細に研究した結果・・・・・、
11年周期でリズミカルに変動します。


太陽活動


ところが・・・・・、
過去1600年からの太陽の黒点の数を解析したところ・・・・・、

1645~1715にかけてしなくなった時期がありました。
マウンダー小極期(マウンダーの小氷河期)」と呼ばれます。

この時期はヨーロッパでは寒冷が続きます。
ロンドンでは、冬にテムズ川が全面凍結します。
川でスケートもどきができたそうです。


テムズ川全面凍結


日本でも京都の公家の残した日記で桜の開花時期を研究した人がいます。

その結果・・・・・、
「マウンダー小極期」桜の開花時期がかなり遅くなったのです。
京都の気温低下を示したのです。
約2.5度の気温低下があったのです。

1790年から1820年の間を「ダルトン小極期」といいます。
ナポレオンが極寒のロシアで冬将軍に大敗した1812年はこのダルトン小極期ですね。


ナポレオンロシア大敗


さらに過去1000年間の11年周期を調べた結果・・・・・、
11年周期が13年に伸びたあと・・・・・、
な、な、なんと・・・・・、
決まって小極期が起きています。

過去1000年間で3回の小極期がありました。
すべて開始前にサイクルが延長していたのです。

問題は・・・・・、
小極期の開始後です。
地球規模の寒冷化が数十年にわたって起きるのです。

今話題になっているのは・・・・・、
本来のサイクルであれば・・・・・、
黒点の発生のピークは2010年のハズでした。
現時点の予想は2013年の5月ごろです。

サイクルが延長したのです!

重要なことはその後からです。
かならず黒点の数が減ってきます。
太陽の活動の低下です。

それは太陽の明るさが減るのでしょうか?

いいえ!

黒点の数の増減があっても・・・・・、
地球への明るさの変化は・・・・・、
わずか0.15%以下です。
ほとんど変化しないのです。

ところが大きく変化するものがあります。
それが・・・・・、
磁力線です。

太陽は磁力線のかたまりです。
無数の巨大な磁力線のかたまりなのです。
宇宙空間にものすごい量の磁力線を放ちます。
磁力線が地球に電磁線でシールドをしてくれるのです。
そのおかげで宇宙からやってくる強いエネルギーの宇宙線をはね飛ばすのです。

スベンスマルク教授がある説を唱えました。
霧箱の原理からの発想です。
霧を充満させて密封したガラス越しに観ると・・・・・、
宇宙線が一筋の雲の軌跡を示します。


霧箱の宇宙線


太陽活動が低下します。
太陽から出る磁力線が低下します。
磁気シールドの力が弱くなります。

宇宙線が地球に大量に注ぎます。
雲が増えます。
地球全体に雲が覆います。
日射量が減ります。
地球の寒冷化の始まりです。

これを
スベンスマルク説といいます。

受け入れない学者がいます。
ところが・・・・・、
ヨーロッパの最先端の加速器を用いた大規模実験で・・・・・、
実証され初めて来ました。

いずれにしろ・・・・・、
2013年以降・・・・・、
太陽活動を注視すべきでしょうね。

もし黒点の数が減ったままでいると・・・・・、
それが小極期の始まりです。
小氷河期の発生です。

暖房のない生活ができなくなります。

外は曇り空です。
厚い雲で太陽も輝かなくなります。
太陽光発電も効率が悪くなります。
いまの代替エネルギー政策も見直しが必須になるかも???

わたくしたちにとりあえず必須なのは・・・・・、
厚着をする生活ですね。

あ~~~ぁ・・・・・、
地球温暖化の音頭にのせられて・・・・・、
ユニクロのフリース・・・・・、
処分しなければよかった。 シクシク(・・、)


FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/06/20 00:35】 | 地球温暖化
トラックバック(1) |

地磁気が不安定
ゴチ
最近の地磁気の不安定、オーロラの発生状況などは太陽からの磁力線が関係しているのでしょう。温暖化が最高潮に達した事も連動しているのでしょうか。地球が冷えるとマグマの移動も緩慢になり地震も少なくなるのでしょうか。


Re: 地磁気が不安定
ヨコ
ゴチさん

オーロラの活動は、太陽の磁力線と直接関係がありますね。温暖化は多分に政治的な策略的が見え隠れしています。待機中の炭酸ガス濃度は、どうやら原因ではなく、結果のようですね。
地球の天候は多くの要素が複雑に絡み合っています。過去の小極期にはむしろ活火山の大爆発があったりして、さらに加速度的に低温下を招いたようです。太陽の活動はこれから数年が要注意期に入ったと思います。

ヨコ 



> 最近の地磁気の不安定、オーロラの発生状況などは太陽からの磁力線が関係しているのでしょう。温暖化が最高潮に達した事も連動しているのでしょうか。地球が冷えるとマグマの移動も緩慢になり地震も少なくなるのでしょうか。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。