神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲリラ豪雨の日比谷です。

すざましい雨です。

どうしましょう。

 

地上に出て歩き出そうとしたら・・・・・、

あら?

忽然と止みます。

 

Tホテルへ行きます。

 

待ち合わせのカップルが多いです。

そうか・・・・・、

今日は週末でした。

 

会場に着きます。

 

わたくしの名札が用意されていました。

胸に付けて歩き回ります。

 

会場は100人くらいの結婚式でよく使われるお部屋です。

仕事場の関係者がたくさん会食しています。

見慣れない人もいます。

 

ナンの会でしょうか?

 

Mさんの「お別れの会」です。

 

そうです。

最近の流行です。

お葬式は親族だけで行います。

あとで「お別れの会」をするのです。

親族が開催するのです。 

 

彼女が亡くなられてほぼ1周忌です。

 

Mさんは、わたくしのオオボスのセクレタリーでした。 

有能でした。

実務能力は天才的でしょう。

 

ワープロの速度はかなりのものです。

英語、日本語ともOKです。

 

パワーポイントでスライドや動画の作成技術はプロ並みです。

 

時間管理もすごく緻密です。

他施設との連絡も格段に早いです。

 

彼女のミスを見たことがありません。

他のミスを見つけて瞬時に黙って訂正するので有名です。

 

けっして表舞台に立ちません。

裏方に徹して才能を見せます。

 

ある学会での話しです。

超有名教授から彼女の能力が絶賛されます。

給料を2倍出すから自分のところへ来てくれとオファーがあったと聞きます。

 

実務能力でだけではありません。

心優しき、美人セクレタリーだったのです。

 

わたくしが大病を患います。

長期間の入院のあとです。

復活してから職場に戻ります。

 

身近に接していた何人もの人が去っていました。

たくさんの仕事の機会を失っていました。

 

親友だと思っていた人も去っていました。

親族も去っていった人が何人もいました。

 

仕事場でも無関係を装う人・・・・・、

よそよそしい態度の人・・・・・、

 

自分が遠くの世界にいってしまった孤独感を味わいます。

 

Mさんだけは別でした。

 

まったく普段通りに接してくれました。

つねに優しい笑顔です。

 

話をしていただけで寂しさを忘れていきました。

落ち込んだ気持ちを引き上げてくれました。

 

ご存じの片もいるかもしれません。

つい最近の話です。

亡くなられた、俳優の原田芳雄さんがこう言っていたそうです。

 

「血の繋がらない人も家族だ!」

 

Mさんはそんな気持ちで接してもらっていました。

 

数年前です。

突然、手術です。

 

女性特有のガンです。

卵巣ガンだったのです。

 

手術後です。

何度もの抗ガン剤の治療です。

半年後に病院で会います。

 

まだ若いのに・・・・・、

髪の毛は真っ白になっていました。

顔はシミだらけです。

 

笑顔です。

 

でも・・・・・、

精気がなくなっていました。

 

絶句です。

 

元気をあげたい!

 

そのころは・・・・・、

アヌサラヨガやインド哲学を把握していない自分がいました。

 

いまなら・・・・・、

現代医療とは別の側面からサポートできたでしょう。

 

悔やまれます。

 

それから数年の間です。

数回の手術です。

毎月の抗ガン剤の点滴と入退院が続きます。

体はどんどん消耗されていきます。

 

そして・・・・・、

若くして他界です。

 

「お別れの会」の途中です。

 

後輩君が挨拶します。

 

これからMさんの「思い出のスライドショウ」をお見せいたします。

 

PCを開いています。

スライドプロジェクターからMさんの仕事場の写真が次々と展開していきます。

バックグランドミュージックは・・・・・、

ユーミンです。

 

Helo, my friend (左をクリックすると動画になります)

 

作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

 

Hello my friend 君に恋した夏があったね
みじかくて 気まぐれな夏だった
Destiny 君はとっくに知っていたよね
戻れない安らぎもあるとこを Ah…
悲しくて 悲しくて 帰り道探した
もう二度と会えなくても 友達と呼ばせて

Hello my friend 今年もたたみだしたストア-

台風がゆく頃は涼しくなる
Yesterday 君に恋した夏の痛み
抱きしめるこの季節走るたび Ah…
淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ
離れても 胸の奥の 友達でいさせて

僕が生き急ぐときには そっとたしなめておくれよ


悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも

めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから

淋しくて 淋しくて 君のことを想うよ

離れても 胸の奥の 友達でいさせて

悲しくて 悲しくて 君のこと想うよ

もう二度と会えなくても 友達と呼ばせて

 

 

お世話になったときの写真や忘年会の写真が出てきます。

懐かしいです。

寂しいです。

 

ユーミンの曲が心に響きます。

歌詞があまりにも心に突き刺さるのです。

 

目頭が熱くなります。

 

ダメです。

また泣き虫ヨコさんです。

 

少しずつ後ずさりします。

 

壁の脇に行きます。

人知れず涙をぬぐいます。

 

サヨウナラ!

 

Mさん!

ほんとうにお世話になりました。

 

サヨウナラ! 

ほんとうにありがとうございました。

 

サヨウナラ!
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/07/30 01:10】 | ウツよ、さようなら!
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。