神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年のことです。

「ボブ・リーケンス」さんが来日しました。
ボブさんはピラティスさんの孫弟子です。

パワーピラティスを作ったボブさんです。
ボブさんはアヌサラヨガも学んでいました。

来日時です。
パワーピラティスの集中トレーニングを行います。
スタジオヨギーのスタッフ以外で受けた数少ないわたくしでございました。

その時です。
ピラティスさんの経歴をお話していただけました。



ピラティスさんはドイツ生まれです。
お母さんが東洋の医療やヨガに造詣があったそうです。
病弱だったピラティスさんはお母さんからの強い影響を受けます。

十歳代にドイツからイギリスのロンドンへ渡ります。
そのときにやっていた仕事は「大道芸人」と「ボクサー」でした。

第一次世界大戦が始まりました。

イギリスにいた敵国のドイツ人は収容所に強制収容です。
ピラティスさんも収容所に入れられます。

な、な、な、なんと・・・・・、
戦地で負傷して捕虜になった軽度の傷病兵も収容所に入れられます。
当時は、軽度の傷病兵は病院に入院することなど無かったのです。


体の動きに制限のある傷病兵をピラティスさんは何とか助けようとします。
自分が母親から学んできた東洋の治療法を取り入れます。

ヨガの動きです。
マットの上でヨガの左右対称の動きを取り入れたのです。

皆の具合が良くなっていきます。
皆が元気になっていきます。

そうです!

世界で初めての収容所の中でのリハビリテーションが始まったのです。

第一次終戦後、ピラティスさんはドイツへ帰国します。
ここで自分が編み出した方法を世間に広めようとしました。

ピラティスの始まりです。

ピラティスさんはこの独自の方法をコントロロジーと呼びました。
自らの体を自在にコントロールする方法だからです。

実際にコントロロジーが認められた時期がありました。

ところがドイツの国内の情勢がまた一変します。
ヒットラーの台頭です。

独裁政治が始まります。
ユダヤ狩りも始まります。

ピラティスさんは身に危険を感じ米国へ移住したのです。
場所はニューヨークです。

ここにはスポーツ選手やダンサーや役者さんがたくさんいました。
少しずつですがコントロロジー(ピラティス)がうわさになります。

第二次世界大戦が終わります。

しかしながら、なかなかブレイクしません。

のれん分けした弟子の一人がビバリーヒルズでスタジオを開きます。
有名な女優さんやセレブが住んでいます。
女優さんやダンサーやスタイルを気にするセレブに評判を呼びます。

ブレイクスルーが起こったのです!

全米に広がりました。
日本にも広がりました。

ここまでがボブさんから聞いた話です。


な、な、な、なんと・・・・・、
いま日本ではピラティスさんの経歴が「従軍看護師」となっています。

でも・・・・・、
第一次世界大戦のときピラティスさんは対戦国にいたのです。
しかも捕らえられていたのです。

従軍した事実はありません!
ましてや看護師の資格もありません!

ピラティスは身体のコアにフォーカスを絞った運動です。
すぐれた素晴らしい運動方法です。

誤った経歴などを載せるのではなく、
ピラティスさんの経歴には、純粋に「ピラティス(コントロロジー)の創設者」とすべきではないでしょうか?





関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2014/05/06 01:06】 | ヨガ
トラックバック(0) |
久々のブログでございます。

なにせ久々のため、
ブログのIDとかパスワードとかも忘れて
なかなか再開できませんでした。(^_^;)

本日(5月4日)はスタジオヨギーの西新宿にオープンした新スタジオにお邪魔いたしました。

ジョーダンの座学と実技です。
ジョーダンのクラスは、2,3年前のセラピューティックヨガの集中講座以来かしら?

それにしても座学も実技もとてもためになりました。
やはりルーチンのクラス以外に、こういった特別クラスを受講する価値がかなりあります。

ノートは午前と午後で2/3が無くなるくらいに書きまくりました。

Mikiさんの卓越した通訳と
ジョーダンの言う英語が頭の中を周りながら、
自分の考えを次々とノートに書き入れていくのが、わたくしのスタイルなのでございます。


細かな内容は記しません。
皆様にジョーダンの内容とヨコ流に解釈した内容をシェアいたします。


バガヴァット・ギータ(以下、ギータと略します)の世界観がまた鮮明になりました。
ジョーダンには感謝でございます!


ギータの内容は二人の主人公のやりとりで進行していきます。

古代インド人は、膨大な叙事詩を語っているのですが、ギータは、その中でもインドの一般大衆にいまでも親しみをもって受け入れられています。

そこにはいまの世界と何ら変わらない普遍性があるからです。

古代と変わらない普遍性とは何でしょうか?

「この世は、必ず変化する」のです。

変化は・・・・・、
ときとして
残酷でもあり、
無情でもあり、
混乱でもあり、
無秩序なのです!

そして・・・・・、
儚(はかな)いのです。

「欲望」はそれに拍車をかけます。

金がほしい
出世がしたい

人のものが欲しい
人を蹴落としたい

争いが起こります。
戦いになります。

戦争です!

この人間の無秩序さを律するために・・・・・

法律を作ります。
行動に制限を設けます
正しいことを決めます。

それは・・・・・、
決めつけた世界です。


この無秩序で欲望の混乱をサンスクリット語で「マーヤ(MAYA」と言います。
この決めつけた行動規範を「ダルマ(DAHRMA)」と言います。
このマーヤとダルマから解き放つ力が「自由(モクシャ)」です。
このマーヤとダルマから解き放たれた世界が「極楽(スヴァルガ)」です。


古典的なヨガの解釈は、モクシャからスヴァルガを目指し、
最終的には極楽、そして、サマーディ(悟り)へたどり着こうとするのです。

でも・・・・・、
混乱と欲望と決めつけられた世界から、自由を得て、極楽へ行けるのでしょうか?

現実はそんなに容易ではありません。
不可能に近いでしょう!


ここからがアヌサラヨガ的な解釈が入ってきます。
ジョーダンは一言もそれは言いません。

ことばの裏に潜んでいるのです!
何度も出てきます!


全ての出来事は留まることはありません。
必ず変化を起こします。

あたかも川の流れのようです!

全ての変化から逃げることは出来ません。

受け入れるしかないのです。

そこに悲しみが起こるのです!
そこに苦しみが起こるのです!
そこにつらさが起こるのです!


普段の生活では何も深刻になることはありません。
うまくいっていると思っているときは何も起こりません。

心に葛藤が起きたときに・・・・・、
その出来事が「心への戦い」になるのです。

葛藤とは・・・・・、
「心の戦い」が必ず欲望と理想の中を揺れ動くことなのです。

その葛藤を乗り越えるにはどうしたらいいのでしょう?

自分の心の中で決まります。

葛藤は心の中に自分の思い込みや感情が根を張っているから起こるのです!
自分のいいように勝手に解釈しているのです!
自分だけの主観的な判断です!

一度、その出来事を見つめ直します!
意識をそこへ集中します!

心に葛藤を起こしているのは何なのでしょう?
自分の欲望とは何なのでしょう?
自分に制限を与えている考えは何なのでしょう?
何がもっとも価値があるのでしょうか?
自分を客観視するのです。

ジョーダンがわたくしに質問します。

「誰が最も優先順位が高いでしょうか?」
「誰に最も価値を与えるべきでしょうか?」


わたくしの答えは・・・・・、
「自分自身!」


ジョーダンの求める回答でした。


これは利己的という意味ではありません!
何をするにも「自分にとって」という客観視した価値判断です。

自分にとって、自分をいかに高めるか?
それがひいては、相手をいかに高めるか、社会に貢献できるかに繋がります。

利害を考えない自分でなければ、相手と社会との架け橋は出来ないのです。
努力を惜しまない自分でなければ、混乱と自由との架け橋は出来ないのです。

大空から下界を観る自分で「選択」するのです。

こうして・・・・・、
「選択」から「判断」が起こり、「行動」に継がるのです。

つまり・・・・・、
ギータの古典的世界から見えるのは・・・・・、

欲望と制限のある心を解き放つ方法として、「選択する自分」があるのです!

変化する時代の流れの中でこそ、より良く生きる自分を選択するのです!
積極的に大切なものから選択をするのです!


心の中で問います!


「自分の生きがいや使命(スヴァダルマ)って、なに」?


この答えを出し続けることが、現代社会へのギータの教えなのです。





関連記事

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2014/05/04 23:08】 | ヨガ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。