神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年に入っていろいろな動きがあるアヌサラヨガでございます。
急激な動きで戸惑う人も多いでしょう。
わたくしもその一人です。

アヌサラヨガは・・・・・、
米国生まれのヨガです。
古代インド哲学をバックボーンにもったヨガです。

もう一度、ヨガの原点を考えるべきです。

ヨガは宗教ではありません。
ヨガは自分の生き方を学ぶのが目的です。
ヨガは心と体の動きを自分で制御するのが目的です。

他人本願ではありません。
自力本願です!


アヌサラヨガの考え方は・・・・・、
わたくしの生き方に衝撃的な生き方を教えてくれました。

「アヌサラ」・・・・・、
古代インドの言葉です。

「流れに身を任す」

現状を受け入れるのです。
心の中に落とし込むのです。

「それでいいのだ!」

ケセラセラともとれます。

そこから・・・・・、
流されっ放しにならずに、
流れを積極的に選択して乗るのです!

自分の意思が働くのです。
自力本願です!


そして・・・・・、
古代インド哲学から出てくる考え・・・・・、

あらゆる人にも必ず善があり、美がある。

どんな状況でも
どんな時期でも
どんな場所でも

すべての人は善があり、美がある!

ということは・・・・・、
他人にも、自分にも、善があり、美がある。

人と比較することは無意味です。
人を批判することも無意味です。

この解釈に暗雲がただよっています。


もう一度・・・・・、
タントラ哲学の原点へ真摯に考えなおすべきです。

シバ・シャクティ・タントラの意味をもう一度考え直す時期です。



ヨガに対して・・・・・、
もう一つの厳しい考えがあります。

ヨガは・・・・・、
ビジネスではない!

ビジネスと深くきつく結びつきすぎると・・・・・、
歪んだ世界になる。

横柄、物欲、不信、ねたみ、そねみ、嫉妬、裏切り・・・・・、

本来のヨガの目的から大きく外れるのです。

そこには・・・・・、
本来のアヌサラの姿はありません。

あるのは、不協和音です。
あるのは、分離分散です。


原点にもどるべきです!

「善」と「美」を感じる!
「善」と「美」の姿を見せる!


そこには舞を舞っているシバがいます。
本来のシバです。

デンデン太鼓を叩いています。

破壊のあとの創造です。


行動しかありません。
バランスのとれた行動しかありません。

心して行動をとる!

わたくしたちは・・・・・、
まさに「アヌサラ」の真の意味を試されているのです。

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/02/19 00:06】 | ヨガ
トラックバック(0) |


メロリン
私には簡単には分からない世界です。が、人の生きる道はみな同じ?

ヨコさまのブログをお借りして申し訳ありませんが、
ゴチさま!
本日は寒い中を、カオリンの舞台を観にいらしていただきありがとうございました。

ヨコさまごめんなさい。<m(__)m>




Re: タイトルなし
ヨコ
メロリンさん

明日にでも詳細をお伝えしましょう。
どん引きするでしょうね。

これからはおのおの考え方、生き方が示される時期に来たのだと思います。

ヨコ 



realyogi
すべての人は善があり、美がある!
・・・
だけど、説いている教えと本人のライフスタイルがミスアラインメントだったり、
アヌサラヨガの哲学の柱とされている Shiva Shakti タントラは正統な伝統からのものでない、
などが明らかになった今「アヌサラ」はjohnの所有物である限りやめるべきではないのでしょうか?
どうも納得できないです。
だからノア、エイミーを含むこれだけ
(http://bayshakti.com/anusara-controversy-overview-and-timeline)のアヌサラ認定講師は去ったのでは?
薬や性的なことも含め訴訟云々の問題を盾にして
正式な謝罪がないのがどうかと思うのです
愛云々の話ではすまないと思うのです。







Re: タイトルなし
ヨコ
今回の件はM先生からエイミーやその他の人のコメントを教えて頂きました。それ以外の内容も原文で詳細に読みました。日本語訳もネットで流れていますが、原文をかなりひどく曲解させて、アンチアヌサラの内容になっていますね。

正直にいいます。
原文を読んだ瞬間は、激怒の心でした。
しかし、すぐに冷静になってきました。
そして書いた文章がこれです。

どのように行動を取るかは、わたくしたちの自分の心ですね。
ヨガは宗教ではありません。他力による強制はありません。
自力ですね。

「辞めるべき」という他力を促す必要はないでしょう。

どうするかは、自分の生き方、考え方で行動すればよいのです。
辞める人もいれば、逆に支える人もいるのです。

アヌサラが世界的に拡がって、もはやJF一人だけでのヨガではなくなっています。
JFは古代インドの思想を上手にとりまとめたのです。
JFがなにしようと、アヌサラヨガの思想はすでに浸透しています。

自分自身のこころにアヌサラが生きていればそれでよいのだと思っています。

今年に入ってからのわたくしのブログをもう一度読み返しました。
ヒキという亀が出てきます。
元ネタは古代インドの亀です。
地球をそして宇宙を支える亀です。
ご存知だと思います。

中国に渡ります。
伝説的な亀になります。
ヒキに漢字が当てはめられます。
贔屓(ヒキ)になるのです。


アヌサラを支える人達はそのヒキです。
重く、辛く、でも、大切なものを支えるのです。
わたくしたちは、その人たちを決して批判することはできません。

Non business
ゴチ
「ヨガは宗教にあらずして、生き方を学び心と身体の動きを自らの意思で制御する事を目的とする。」 素晴らしい目的ですね、「Non business」は難しい問題を含んでいるようですが、推測するところ収入の大部分がスタジオ料金などに消えてしまうものと思われますが(おそらく間違っている)、贔屓の力が下支えしているものと想像出来ます。他のヨガでは一人でカルチャーセンターなど数箇所のクラスを持ち、Buisinessは成り立っている様です。お金で学力を買った様な印象を受けるハトちゃんの生き方は疑問です。(笑)
PS:微妙な問題なのでRESは求めません。


オニ
こんにちは。

衝撃的な出来事ですね。
自分は英語が分からないので、詳細の把握は出来ていませんが、概要は伝わっています。

はっきり言えるのは、アヌサラヨガの考え方や仕組みは素晴らしいということ。
今回の出来事は、創設者のJが道を誤ってしまったのは事実みたいですが、これは本来のアヌサラの考えとは無関係だと思っています。
最近のJは思想が変わってしまったのでしょう。

今回の出来事と、本来のアヌサラヨガは全く関係ないと考えます。

しかし、アヌサラの看板を背負ったJが道を誤ったため、アヌサラの思想や関わる人全てがそのような目で見られてしまうでしょう。残念で仕方ありません。

今後どのように流れていくのか見守っていきたいです。

自分はアヌサラヨガが好きですし、ヨガを続けられたのもアヌサラヨガのお陰です。たくさんの友達もアヌサラヨガでできました。

これからはアヌサラという名前が使われ続けるか分かりませんが、アヌサラヨガの精神でヨガを続けていきたいです。

ヨガは楽しくがモットーですから!

ヨコさん、これからもいろいろシェアしていきましょう!

これから、横浜のクラスでてきます!!



Re: Non business
ヨコ
ゴチさん!

アヌサラヨガは、混乱の時期にさしかかっています。
罵詈雑言、誹謗中傷、内部告発、言い訳だらけでございます。
ヨガをビジネスにしている人達が一番混乱しています。

大変な時代に突入しました。

ヨコ 

Re: タイトルなし
ヨコ
オニさん!

とっても大切なコメントありがとうございます。

いま、いろいろな人々の反応パターンをネットで調べていました。

1.JFもアヌサラも全面否定で離脱!
2.JFを否定するも、アヌサラを否定しないで期限付き(自分の契約期間まで)で残り、そのあと離脱。
3.JFを否定しても、アヌサラの思想や方法論は否定しないで、アヌサラヨガを全面にサポート。
4.JFを否定しないで、受け入れて、アヌサラの思想や方法論も否定しないで、アヌサラヨガを全面にサポート。
5.態度表明せずに傍観する。

大騒ぎしているのは、サーティファイド(アヌサラ認定指導者)を持っている人たちが1や2の表明をしているからです。

サーティファイドの資格を日本人で持っているのは、ご存知のヤスシ師匠だけです。
どうするか、ご本人が一番悩んでいることでしょう。
あるいは、これから、それを目指そうとしている人達もですね。
たいへんな時期に来たと思います。

インスパイヤードになろうとT.T.を受けている人達もたくさんいます。
その方たちの中にはは、アヌサラヨガの認定指導者を目指そうとしている人達もたくさんいるでしょう。

1~5の態度をどうう考えるか?

自分で考えればいいのです。
他人がどうのこうのではなく、
自分で態度を決めればいいのです。

予想はつきます。
T.T.もAICも自然崩壊かも知れません。
それもアヌサラです。

あせらず、あわてず、あきらめず! 
アヌサラの行く末を見つめましょうね!

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私には簡単には分からない世界です。が、人の生きる道はみな同じ?

ヨコさまのブログをお借りして申し訳ありませんが、
ゴチさま!
本日は寒い中を、カオリンの舞台を観にいらしていただきありがとうございました。

ヨコさまごめんなさい。<m(__)m>


2012/02/19(Sun) 00:27 | URL  | メロリン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
メロリンさん

明日にでも詳細をお伝えしましょう。
どん引きするでしょうね。

これからはおのおの考え方、生き方が示される時期に来たのだと思います。

ヨコ 
2012/02/19(Sun) 00:30 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
すべての人は善があり、美がある!
・・・
だけど、説いている教えと本人のライフスタイルがミスアラインメントだったり、
アヌサラヨガの哲学の柱とされている Shiva Shakti タントラは正統な伝統からのものでない、
などが明らかになった今「アヌサラ」はjohnの所有物である限りやめるべきではないのでしょうか?
どうも納得できないです。
だからノア、エイミーを含むこれだけ
(http://bayshakti.com/anusara-controversy-overview-and-timeline)のアヌサラ認定講師は去ったのでは?
薬や性的なことも含め訴訟云々の問題を盾にして
正式な謝罪がないのがどうかと思うのです
愛云々の話ではすまないと思うのです。





2012/02/19(Sun) 01:29 | URL  | realyogi #-[ 編集]
Re: タイトルなし
今回の件はM先生からエイミーやその他の人のコメントを教えて頂きました。それ以外の内容も原文で詳細に読みました。日本語訳もネットで流れていますが、原文をかなりひどく曲解させて、アンチアヌサラの内容になっていますね。

正直にいいます。
原文を読んだ瞬間は、激怒の心でした。
しかし、すぐに冷静になってきました。
そして書いた文章がこれです。

どのように行動を取るかは、わたくしたちの自分の心ですね。
ヨガは宗教ではありません。他力による強制はありません。
自力ですね。

「辞めるべき」という他力を促す必要はないでしょう。

どうするかは、自分の生き方、考え方で行動すればよいのです。
辞める人もいれば、逆に支える人もいるのです。

アヌサラが世界的に拡がって、もはやJF一人だけでのヨガではなくなっています。
JFは古代インドの思想を上手にとりまとめたのです。
JFがなにしようと、アヌサラヨガの思想はすでに浸透しています。

自分自身のこころにアヌサラが生きていればそれでよいのだと思っています。

今年に入ってからのわたくしのブログをもう一度読み返しました。
ヒキという亀が出てきます。
元ネタは古代インドの亀です。
地球をそして宇宙を支える亀です。
ご存知だと思います。

中国に渡ります。
伝説的な亀になります。
ヒキに漢字が当てはめられます。
贔屓(ヒキ)になるのです。


アヌサラを支える人達はそのヒキです。
重く、辛く、でも、大切なものを支えるのです。
わたくしたちは、その人たちを決して批判することはできません。
2012/02/19(Sun) 09:28 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Non business
「ヨガは宗教にあらずして、生き方を学び心と身体の動きを自らの意思で制御する事を目的とする。」 素晴らしい目的ですね、「Non business」は難しい問題を含んでいるようですが、推測するところ収入の大部分がスタジオ料金などに消えてしまうものと思われますが(おそらく間違っている)、贔屓の力が下支えしているものと想像出来ます。他のヨガでは一人でカルチャーセンターなど数箇所のクラスを持ち、Buisinessは成り立っている様です。お金で学力を買った様な印象を受けるハトちゃんの生き方は疑問です。(笑)
PS:微妙な問題なのでRESは求めません。
2012/02/19(Sun) 12:14 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
こんにちは。

衝撃的な出来事ですね。
自分は英語が分からないので、詳細の把握は出来ていませんが、概要は伝わっています。

はっきり言えるのは、アヌサラヨガの考え方や仕組みは素晴らしいということ。
今回の出来事は、創設者のJが道を誤ってしまったのは事実みたいですが、これは本来のアヌサラの考えとは無関係だと思っています。
最近のJは思想が変わってしまったのでしょう。

今回の出来事と、本来のアヌサラヨガは全く関係ないと考えます。

しかし、アヌサラの看板を背負ったJが道を誤ったため、アヌサラの思想や関わる人全てがそのような目で見られてしまうでしょう。残念で仕方ありません。

今後どのように流れていくのか見守っていきたいです。

自分はアヌサラヨガが好きですし、ヨガを続けられたのもアヌサラヨガのお陰です。たくさんの友達もアヌサラヨガでできました。

これからはアヌサラという名前が使われ続けるか分かりませんが、アヌサラヨガの精神でヨガを続けていきたいです。

ヨガは楽しくがモットーですから!

ヨコさん、これからもいろいろシェアしていきましょう!

これから、横浜のクラスでてきます!!

2012/02/19(Sun) 15:48 | URL  | オニ #-[ 編集]
Re: Non business
ゴチさん!

アヌサラヨガは、混乱の時期にさしかかっています。
罵詈雑言、誹謗中傷、内部告発、言い訳だらけでございます。
ヨガをビジネスにしている人達が一番混乱しています。

大変な時代に突入しました。

ヨコ 
2012/02/20(Mon) 00:59 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
オニさん!

とっても大切なコメントありがとうございます。

いま、いろいろな人々の反応パターンをネットで調べていました。

1.JFもアヌサラも全面否定で離脱!
2.JFを否定するも、アヌサラを否定しないで期限付き(自分の契約期間まで)で残り、そのあと離脱。
3.JFを否定しても、アヌサラの思想や方法論は否定しないで、アヌサラヨガを全面にサポート。
4.JFを否定しないで、受け入れて、アヌサラの思想や方法論も否定しないで、アヌサラヨガを全面にサポート。
5.態度表明せずに傍観する。

大騒ぎしているのは、サーティファイド(アヌサラ認定指導者)を持っている人たちが1や2の表明をしているからです。

サーティファイドの資格を日本人で持っているのは、ご存知のヤスシ師匠だけです。
どうするか、ご本人が一番悩んでいることでしょう。
あるいは、これから、それを目指そうとしている人達もですね。
たいへんな時期に来たと思います。

インスパイヤードになろうとT.T.を受けている人達もたくさんいます。
その方たちの中にはは、アヌサラヨガの認定指導者を目指そうとしている人達もたくさんいるでしょう。

1~5の態度をどうう考えるか?

自分で考えればいいのです。
他人がどうのこうのではなく、
自分で態度を決めればいいのです。

予想はつきます。
T.T.もAICも自然崩壊かも知れません。
それもアヌサラです。

あせらず、あわてず、あきらめず! 
アヌサラの行く末を見つめましょうね!

ヨコ 
2012/02/20(Mon) 08:30 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。