神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヌサラヨガの存在が揺れに揺れています。
動揺している人達がいるのは事実です。
わたくしもその一人でした。

それを払拭できたのは、カオリン(大勝かおり)のお陰です。
カオリンが出演していた舞台で気がついたのです。

「佯狂(ようきょう)のあとで」です。
先週まで神奈川県の上永谷にある貞松院で開催されていました。

約2時間の舞台で、カオリンが最後の方で舞ます。
何度観ても揺るぎない舞です。
安定感がある舞です。


別の舞台でのカオリンです。
普通に立ったままでハヌマーン(前後開脚)なのです。


カオリンの舞い



今回の舞台では・・・・・、
蹴り上げる足が軽く頭を越えます。
最後にヨガのポーズになります。
「ナタラジャアーサナ」です。
「ダンスの王様」のポーズです。                                                                                                                                                            

わたくしは完成型ができません。
カオリンはいとも簡単にやってのけます。
素晴らしい身体能力です。

そして連続回転です。
氷上でないのにスゴイ回転数と回転速度です。

単に舞をするだけではありません。
台詞を言いながらの舞です。

さすがです。

劇団四季のダンスインストラクター「シャンテ」さまの
振り付け師とダンスについて、
師匠と仰ぐカオリンなのです。

なんで、あんなにスゴイ舞ができるのでしょう。
とうぜん、普段からのトレーニングがあるからでしょう。

どこに安定感の秘密があるのでしょう?

( ゚o゚)ハッ!

気がつきました。
下半身です。
そして
中心軸です。

強固な下半身と
強固な中心軸が
安定感のある基盤をつくります。

強固な下半身と
強固な中心軸が
安定感のある舞に繋がっているのです。

あれ?

それって・・・・・、
アヌサラヨガじゃん!
あの普遍的原則じゃん!

基盤をつくる!

Set  Fundation !

カオリンがアヌサラヨガの普遍的原則を知っているわけではありません。
舞を踊る世界ではきっと当たり前のことなのです。
理論的に構築したのが、いま話題の時の人「JF」なのです。

アヌサラヨガが・・・・、

揺れに、揺れ、
騒ぎに、騒いぎ、

騒ぎに乗じて、
誹謗中傷をし、

アヌサラヨガの生徒や先生を非難する輩が大勢います。


カオリンの舞いはそれに対して答えを出してくれました。

足元をしっかりするのです。
自分のこころの足元です。
揺るぎないこころの基盤をつくる!
揺るぎない中心軸をつくる!

そんなことを思い浮かべて神楽坂のケイコ師匠の「アヌサラ」のアドバンスクラスに出ます。


JFの話題は出ません。
生徒も先生も、誰一人としてその話題をしません。

ケイコ先生のオープニングトークです。

(@_@;)  オ~~~~ォ!

今日は、足元を意識したヨガをやりましょう。
足下をしっかりとしたヨガをやりましょう。

足下が安定すると・・・・・、
全体が見えるようになります。
客観的に見えるようになります。


カオリンから得られた気づきと同じテーマです。
偶然の繋がりです!

そうです!

不安定で、
不安がよぎり、

不信感で、
疑いの心が生まれ、

未来へ自信が無いときこそ、

基盤をつくるのです!

Set  Fundation です!


辛い時期だからこそ、
しんどい時期だからこそ、

自分の足下を見つめましょう。
周りから足をすくわれないようにしましょう。

時がかならず答えを出してくれます。
流れ行く時がその答えを持ってきてくれます。

結論をいま出す必要などないのです。

いま、まさに、「アヌサラ」なのです!


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/02/22 00:21】 | ヨガ
トラックバック(0) |

四季の振り付け師
ゴチ
劇団四季の振り付け師に指導を仰ぐカオリンさんの舞台は誰が見ても納得のダンスだと思います。大事なのはこれを維持し、ステップアップの機会を待つ事だと思います。声もよく通っていました。私自身、精神的にも肉体的にも「足元を見つめ強固な中心軸」になるように務めたいと思います。


Re: 四季の振り付け師
ヨコ
> 劇団四季の振り付け師に指導を仰ぐカオリンさんの舞台は誰が見ても納得のダンスだと思います。大事なのはこれを維持し、ステップアップの機会を待つ事だと思います。声もよく通っていました。

カオリンはきっと、このコメを喜ぶでしょう!

ありがとうございます。

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
四季の振り付け師
劇団四季の振り付け師に指導を仰ぐカオリンさんの舞台は誰が見ても納得のダンスだと思います。大事なのはこれを維持し、ステップアップの機会を待つ事だと思います。声もよく通っていました。私自身、精神的にも肉体的にも「足元を見つめ強固な中心軸」になるように務めたいと思います。
2012/02/22(Wed) 22:01 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: 四季の振り付け師
> 劇団四季の振り付け師に指導を仰ぐカオリンさんの舞台は誰が見ても納得のダンスだと思います。大事なのはこれを維持し、ステップアップの機会を待つ事だと思います。声もよく通っていました。

カオリンはきっと、このコメを喜ぶでしょう!

ありがとうございます。

ヨコ 
2012/02/23(Thu) 02:00 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。