神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまりがなく、言いたいことが、不明瞭でした。
字句を加筆訂正しました。


悪夢・・・・・、嫌ですね。
見たくないです。
でも、最近よく見ます。(_ _;)

うなされます。
縁起でもない悪夢です。
「凶夢」ともいいます。

冷や汗をかいて起き上がります。
ちょっと疲れている?
ちょっとストレスがたまっている?

そうなのです。

正直にいって、いまお疲れ気味です。
そこへ降って湧いたような「アヌサラ事件」!
さらにわたくしが心配をしている人がいます。
それが重なって悪夢になっているのです。


悪夢の反対ってなに?
ご存知ですか?

「吉夢」です。

「きちむ」あるいは「きつむ」と呼びます。
縁起のいい夢ですね。


話題のアヌサラヨガは、タントラ哲学の考え方をバックボーンしています。
非二元論の考え方をします。

ナンでしょう?

悪夢でなければ、
吉夢でもない、

悪いでもなければ、
善いでもない!

美しいでなければ、
醜いでもない!

喜びでなければ、
苦しいでもない!

富めるでなければ、
貧しくもない!

現実でなければ、
夢でもない!


( ゚o゚)ハッ!

「胡蝶の夢」
を思い出します。

荘子の語った物語です。

夢の中で蝶としてひらひらと舞っていた所、
目が覚めたが、
はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、
それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか、
というお話しですね。


『以前、わたし荘周は夢の中で胡蝶(チョウチョのこと)になった。
喜々として花々の中を百年近くも胡蝶になりきっていました。
自分でも楽しくて、心ゆくばかりに、ひらひらと舞っていました。
荘周であることは全く念頭にありませんでした。
はっと目が覚めると、なんということはありません、荘周でした。
荘周であるわたしが夢の中で胡蝶となったのでしょうか?
自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となっているのでしょうか?
いずれが本当かわたしには判りません。
荘周と胡蝶とには確かに、形の上では違いがあるのです。
しかし主体としての自分には変わりはなく、これが表面での物の変化ということです


人間は、相反(あいはん)することを比較しがちです。
胡蝶の夢はその典型例です。

夢が現実なのでしょうか?
現実が夢なのでしょうか?
そのどれかが真の世界でしょうか?

違いを考えたり、
優劣を考えたり、
区別をしたり、
差別をしたり、

大切なことは、
そんなことを比較して主張することより・・・・・、
いずれをも肯定して受け容れることなのです。

それぞれの立場で満足して楽しむのです。
嬉々として生きればよいのです。

「夢が現実か、現実が夢なのか?そんなことはどちらでもよいことだ。楽しく生きることが実(じつ)なのだ」と荘子は言っているのです。

非二元論です。
タントラ哲学的な考え方なのです。

時代的にはこの荘子の教えの方が早いかも知れません。
歴史的には自信はありません。


荘子の主張は簡単です。

荘子の考え方は、他人をすぐに批判する現代にはとても大切です。
自分の世界観だけで他人の世界観を批判するという誤りを犯さないからです。

この世にはさまざまな世界があり、
それぞれの世界における価値は等しいというものです。

つまり・・・・・、
表面的に判断すると・・・・・、
違いがあります。
変化がみられるのです。
表面上の差異です。

胡蝶と荘周には、表面的な形で大きな違いがあります。

でも・・・・・、
ともに己(おのれ)なのです
己そのものは変わらないのです。

この世の万物はかならず変化します。
その「本質の実(じつ)」は何ら変わりのないことを述べているのです!

本質の実とは・・・・・、
美です。

本質の実とは・・・・・、
善です。

本質の実とは・・・・・、
心なのです。

どんなに境遇が変わっても、
本質の実を大切にするのです。

どんなに境遇が変わっても、
嬉々として人生を楽しむのです。

それが胡蝶の夢の言いたいことです。
それがタントラ的な生き方なのです!

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/02/25 01:23】 | happy life
トラックバック(0) |

善い心
ゴチ
実は何と読むのでしょうか。(みorじつ?)
夢と現実、自他がわからなくなっても「本質の実」は変わらないもので「善い心」で成り立つと言う事でしょうか。

Re: 善い心
ヨコ
少し校正が足りなく、申し訳なかったです。
加筆・訂正した内容を再度アップしております。

こちらをお読み下さい。

なお、本質の実(じつ)とは、本質の中に潜む真実でという意味です。
なかなか見えてこないという真実です。

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
善い心
実は何と読むのでしょうか。(みorじつ?)
夢と現実、自他がわからなくなっても「本質の実」は変わらないもので「善い心」で成り立つと言う事でしょうか。
2012/02/25(Sat) 15:10 | URL  | ゴチ #-[ 編集]
Re: 善い心
少し校正が足りなく、申し訳なかったです。
加筆・訂正した内容を再度アップしております。

こちらをお読み下さい。

なお、本質の実(じつ)とは、本質の中に潜む真実でという意味です。
なかなか見えてこないという真実です。

ヨコ 
2012/02/26(Sun) 22:34 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。