神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヌサラヨガの悲しいお話しが続いています。
その発端の一つとなった背景を端的に表すことで・・・・・、
すべてが理解できるかもしれません。


アヌサラヨガの本体となる正式名称は・・・・・、


「アヌサラ・インコーポレイション」


アヌサラ株式会社です。

信じたくありません。
でも・・・・・、
残念ながら・・・・・、
認めざるを得ません。

アヌサラヨガの普遍的原則も・・・・・、
「アヌサラ・インコーポレイションのヨガの普遍的原則」の側面があるのです。


実は・・・・・、
アヌサラ・インスパイヤード・ヨガ・ティーチャーの名称も・・・・・、
「アヌサラ株式会社に登録されたヨガ・ティーチャー予備軍」が現実的なのです。


インコーポレイションってナニ?
ナニを意味するの?

株式会社の組織です。
利益追求型の組織です。
極めてアメリカ的な組織です。

株式会社組織の年金資金の運用に大きな問題を起こました。

その会社組織の事実上のCEO(最高経営責任者)が、JFです。

というか・・・・・、
過去形のCEOになりました。

正確に書くと2月末まではです。

50%の株を売却したのです。

誰へ?

ユダヤ人女性へです。
イスラエルのアヌサラヨガスタジオの生徒の一人です。

ということは・・・・・、
JFは売却益を手に入れたのです。

金額は、ここでは述べません。


売却した時点で、JFは無期限の引退宣言をします。
今後は、カウンセリングとリハビリと反省の日々を送ることを表明しています。

3月以降のJFのスケジュールがすべてキャンセルされました。
ただし・・・・・、
6月にイスラエルへの訪問はまだそのままです。


なにを意味するかは判りません。



かつて「権威と権力」という本がベストセラーになりました。
わたくしの大好きな「なだいなだ」さんの作品です。
精神科のお医者さんです。


人はどういうときに、相手へ権威を感じるのでしょうか?
これは、対等ではない関係があるときに、
依存的な心理を持っているものが権威を感じやすいのです。

それを逆手にとって権威をさらに増したのがJFです。

そのJFが倫理的な罪を犯したときは・・・・・、
権威を取り戻すためにあらゆる権力を振りかざすのです。

JFの最後のマイアミでのトレーニングがそれでした。



アヌサラヨガの今後の行く末を心配する声が上がっています。

株式会社組織から非営利団体にすべきだ!

この意見がもっとも納得いくかもしれません。

でもその行く末は現時点では誰も判りません。


アヌサラヨガをこよなく愛するものとしては・・・・・、
待つ以外に、

そして、
その結果を見守る以外に、

さらに、
その結果を受け入れる以外に、
わたくしたちには無いでしょう。



言いたくない言葉ですがJFの体制は・・・・・、
JFの独裁化となってしまったのです。

しかも裸のオオ様になっちゃいました。


行ってはいけない方向へ突き進んでしまいました。
やってはいけない方向へ突き進んでしまいました。


汚い、醜い、おぞましい構図が見えてしまったのです。

その内容は2月28日付けのニューヨーク・タイムズに出てしまいました。

「アヌサラのブランドが大きく傷ついた!」

な~んて、ツイッター上で大騒ぎになりました。
これは事実でしょう。
消せない事実でしょう。

アヌサラヨガだけではありません。

体をうごかすハタヨガ全体に悪影響が及んでいます。


ヨガは怪しい!!!


日本では過去に悲惨な大事件がありました。
今回のJF騒動は、それと重なってしまいます。

他の世界と圧倒的に異なるのは、日本の歴史的背景です。
あの悲惨な大事件が強くのしかかっていることです。

ここだけははっきりと異なることを指し示さないといけませんね。
でないと足下をすくわれてしまいますね。 (^_-)-☆ パッチ!
( ゚o゚)ハッ
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/03/04 20:05】 | ヨガ
トラックバック(0) |


tomomi
今回の事件。
ポジティブに捉えれば、ヨガに対する考え方を見つめなおすきっかけになったのかなと思います。

動く瞑想だったアヌサラヨガの哲学の部分が崩れてしまった今、体を動かすことは単なる体操になってしまうような気がしています。
一方でそれが本来の姿なのかもなんて思ったり・・。

そもそも「ハタヨガ」ってなんだったっけ?
という疑問が頭をもたげています。
八支則でいうアサナが瞑想のための段階であるなら、体操でもいいのではないか?とも考えてしまいます。

Re: タイトルなし
ヨコ
tomomiさ~~~ん!

この事件はおのおのでとらえかたが異なると思いますが、けっしてネガティブに考える必要はないですね。

ハタヨガとタントラ哲学をもう一度考え直す絶好のチャンスだと思います。
アイアンガ-ヨガから分派したアヌサラヨガが、もう一度、原点に戻るべき、いい出来事だったと思います。

時の流れが必ず解決の道筋を教えてくれます。
選択する川を教えてくれますよ~!\(^^@)/

ヨコ


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今回の事件。
ポジティブに捉えれば、ヨガに対する考え方を見つめなおすきっかけになったのかなと思います。

動く瞑想だったアヌサラヨガの哲学の部分が崩れてしまった今、体を動かすことは単なる体操になってしまうような気がしています。
一方でそれが本来の姿なのかもなんて思ったり・・。

そもそも「ハタヨガ」ってなんだったっけ?
という疑問が頭をもたげています。
八支則でいうアサナが瞑想のための段階であるなら、体操でもいいのではないか?とも考えてしまいます。
2012/03/08(Thu) 09:33 | URL  | tomomi #-[ 編集]
Re: タイトルなし
tomomiさ~~~ん!

この事件はおのおのでとらえかたが異なると思いますが、けっしてネガティブに考える必要はないですね。

ハタヨガとタントラ哲学をもう一度考え直す絶好のチャンスだと思います。
アイアンガ-ヨガから分派したアヌサラヨガが、もう一度、原点に戻るべき、いい出来事だったと思います。

時の流れが必ず解決の道筋を教えてくれます。
選択する川を教えてくれますよ~!\(^^@)/

ヨコ
2012/03/09(Fri) 01:56 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。