神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日までにA4で130枚以上の英文を読みまくりました。
頭が痛くなりました。
めまいが起こりそうです。
吐き気も出そうです。

内容は・・・・・、
アヌサラヨガに関連するツイッターやFACEBOOK、そして各種のHPです。

判ったことがあります。

日本で・・・・・、
もしかしたら・・・・・、
わたくしはあまり利害関係のない一人かも知れない・・・・・、
と言うことです。

インスパイヤード・ティーチャーでもないし、
ヨガスタジオの経営に関与しているわけでも無いし、
JFに個人的な感情も持っていません。

アヌサラヨガに携わっている日本人は・・・・・、
いま誰でもが米国のアヌサラヨガの今後が心配なのは当然でしょう。

結論から言いましょう。

ついにいま混乱の時期に入ってしまいました。

アヌサラヨガを去って行った認定インストラクターが多数います。
いくつかの新たなグループを形成しています。
わたくしの判っただけでも3つです。

本家に対する「烏合の衆」です。

失礼な!という人がいれば・・・・・、
悲しいことですが・・・・・、
もうそこで、その人の個人の感情が入っているのです。

別れ去った人には、個人的な事情とか言い訳があります。
その集団が、アンチJFとアンチアヌサラで寄り集まった集団は新生アヌサラではありません!


いま、本家のアヌサラヨガに残っている人達が智恵を絞っています。
各方面から意見を集めています。
屈託のない意見が集まっています。
より民主的で、公正な、結束力のある新生アヌサラヨガを作ろうとしているのです。


残念ながらアヌサラヨガの新規インストラクターとしての保証はまだ不完全です。
というか・・・・・、
まったく未知数です。

でも急激なパラダイムシフトが起きています。

昨年JFが来日したときです。
「2012年は、パラダイムシフトが起こる年だ!」

予言通りになってしまいました。(_ _;)

これだけは言っておくべきでしょう。
厳しい意見をあえて言います。
アヌサラヨガを去って行った人達の言い訳を聞いても仕方がありません。
いま本家アヌサラヨガに残って、必死になって新生アヌサラを再建している人達の意見に耳を傾けましょう!!!


追伸 カタノッチへ! ROSSは、「ヒキ」でした! ゴメン!

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/03/18 23:48】 | ヨガ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。