神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜でのお仕事が終わります。
超大混雑でございました。
当然、終了時間を大幅に超えます。
駅まで走り抜けて有楽町のTOKYOスタジオへ移動です。
開始10分前に着きます。

まったりヨガをするつもりで受講です。
実は・・・・・、
昨日のヨガで限界を超えた動きを自らしてしまったのです。
右側の股関節~鼠径(そけい)靱帯を痛めた感じがしたのです。


朝、起き上がったときです。
骨盤の内部が強烈に痛んでいます。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン !!

激しい痛みです。
起き上がれないのです。


右上前腸骨棘の内側から恥骨の裏までが猛烈な痛みです。
明らかに右側の骨盤が引き上がっています。
骨盤のゆがみを強烈に感じます。

どうしましょう?

お仕事場の開始時間まで小一時間あります。

恐る恐るキョウ先生にならったビューティペルヴィスをやってみます。
5分くらいで少し痛みが引いてきます。
ユックリと大腿骨を回したり、伸ばしたり、
膝を曲げたり、伸ばしたり、
骨盤のゆがみの取れそうな動き積極的に行います。

約20分後です。

骨盤の左右のゆがみがなくなってきています。
痛みが急激に薄れてきました。
効果テキメンでした。

ビューティーベルヴィスさまさまでございました。

さて・・・・・、
ゼンヤ先生のアヌサラヨガ・ビギナースの開始です。
120分の拡大ワークショップです。

ゼンヤ・ローラ 


ゼンヤ先生はスパニッシュ系米国人です。
相変わらずのお美しい先生でございます。

ゼンヤ先生のアヌサラヨガを受講したことのない人の挙手をします。

(@_@;) オ~~~~ォ!


4.5人を除いて、90%以上の人が初体験です。
アヌサラヨガが初めての人も10人以上います。

これは素晴らしいことです。
明らかにアヌサラヨガが拡大しているのです。

JF事件のことなど日本では関係無いのです。

というか・・・・・、
TOKYOスタジオでは丸の内界隈のOLが大半です。
JFのことも、
なにが起きつつあるのかも、
まったく無関心なのです。

ゼンヤ先生がいいます。
この中には数名だけ覚えている人もいますね。

ヨコに向かってウインクです。(^_-)-☆!パッチ

焦って・・・・・、
ウインクしかえしちゃいます。

間があいてのウインクです。

すでに・・・・・
ゼンヤ先生の視線は・・・・・、
まったく違う方に向いていたのでした。(^◇^;) ヘラヘラァ~


いつもゼンヤ先生の教えは心の中に入ってきます。


心の中に輝くシュリ(美)を感じるためには・・・・・、
シャンティ(平和な心、平和な愛)が大切なのです!

簡単にはシャンティは得られません。
それには・・・・・、
クシャンティが必要です。

クシャンティなくしてシャンティは得られないのです。
クシャンティなくしてシュリも得られないのです。

クシャンティとは???

忍耐です。
堪え忍ぶ力です。

継続する忍耐の中で、輝く美(シュリ)が出てくるのです。

(・_・)......ン?

この話って、どこかで聞いたばかりのような?

( ゚o゚)ハッ!


今朝の話題です。
カオリン(大勝かおり)が一年間厳しく指導したダンスの生徒さんへの言葉です。
言葉の使い方や言い回しは異なっているだけです。
サンスクリット語を使っていないだけです。

教育とか学ぶとかいうことに極めて必須の内容だったです。

シュリ(美)
シャンティ(平和・愛)
クシャンティ(忍耐力)


シュリも、
シャンティも、
訓練の中で感じることができるのです。
ほんのわずかな一瞬に感じることから始まるのです。
厳しトレーニングの中でさらに深い貴重な美と愛と喜びが感じられるのです。

目の前にあるものが何にも動かないと思っていても・・・・・、
必ず動いています。

表面よりさらに奥の中で、
もっと深い中で、
変化が起きるのです。

冬の中で全く動かなかった木々がいっせいに芽吹きます。
春になるのです。

それと同じです。

変化を見つけましょう!
変化を喜びましょう!

「楽山」ですね!

数回前のブログにアップした「楽しい山」です。

120分のヨガはあっという間に終わってしまいました。
骨盤内の痛みは完全に消失しました。
アヌサラヨガの普遍的原則が下半身の再調整にも効いたのです。

ゼンヤ先生にも感謝でございました。



帰りがけです。
ヤスシ師匠にお目にかかります。

4,5ヶ月ぶりでしょうか?

実はヤスシ先生を少し心配しておりました。
あのJF事件があったからです。

思った以上にお元気でした。
吹っ切れたご様子です。

JF事件の直後はうろたえたそうです。
しばらくすると・・・・・、
これ見よがしに言っている人々が客観的に見えてきたそうです。

わたくしもそうでした。

今回の事件で判明したことがあります。
日本ではアヌサラヨガに対して批判的な意見には地域差があったのです。
明らかに「西高東低」です!!!

理由はわかりません。
(というか・・・・・、判っていても言えませんよね。(@´▽`;) エヘッ!

ということで・・・・・、

いまは慌てふためかず、
じっくりと時の流れを・・・・・、
そして・・・・・、
しっかりと行く末を見定めることですね。

ヨコの人生訓の登場でございま~~~す。

あせらず!
あわてず!
あきらめず!


みなさまに向かって、(^_-)-☆パッチ!

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2012/03/29 23:17】 | ヨガ
【タグ】 ゼンヤ  タントラ哲学  アヌサラヨガ  ヨガ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。