神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼンヤ先生のメンタリング・セッションの時です。
E子さんとだけのセミプライベートというか、
もうプライベートレッスンですね。

そのときです。

ゼンヤ先生と互いに質問しあいます。

わたくしはちょっと難しい、でも現実にある問題を質問しました。

それは・・・・・、
こんな質問でした。

いまこの瞬間、
こころが折れ、
こころが苦しくて、
こころが沈み込み、
どうすることもできない状況のとき・・・・・、
その人に、どういう考えをもったらいいのでしょう?

ゼンヤ先生の答えは明快です!

すべてのものは贈り物です。
自分が作ったという考えではありません。
ありとあらゆるモノは大いなる意思からの贈り物です。

あなたもわたしも贈り物なのです。
あなたもわたくしも大切な贈り物です。
あなたもわたくしもすべて等しい贈り物です。
そこにはなにも差なんてないのです。

つまり・・・・・、
自分という存在そのものが贈りものなのです。

自分の贈り物の中身は満たされています。
自分の中身は自由を味わえます。
自分の中身は美しいのです。

どんな状況になっても・・・・・、
心には一瞬の輝きがあります。
心には美があります。

それを感じましょう!

それを感じさせましょう!

その方法が、アファメイション(全ての考えを肯定的に見る!)です。

どんなに苦しくても
どんなに辛くても
どんなに心痛くても

その困難も、
その辛さも、
その痛さも、
肯定するのです!

かならず肯定する見方で受け入れられるのです!



ここでわたくしはさらに厳しい質問をゼンヤ先生にぶつけます。

ものすごいハートブレイク(心に傷を負った状態)になった人にどう接するのでしょう?


意外な答えでした。

心に傷を負った状態の人と一緒の心を持ちましょう。
心に傷を負った状態の人と同じ立場を感じましょう。
心に傷を負った状態の人と一緒に「寄り添い」ましょう!

そうすることで・・・・・、
自分たちが一人だけではない存在だと認識させましょう。

起きたこと、過ぎ去ったこと、現実のことを否定してあげても・・・・・、
何も残りません。


まず大切なことは・・・・・、
ひたすら
「寄り添って」あげましょう。
ひたすら
「寄り添って」一人ではないことを示してあげましょう。

難しいです。
でも・・・・・、
相手と共に座ってあげて、
相手とともにシュリ(美)を探してあげましょう。
相手とともに存在価値を探してあげましょう。


プルナトウ(奉仕)というサンスクリット語があります。

人間にはかならずこの「プルナトウ(奉仕)」の心があります。
美と価値を見いだす方法が「プルナトウ(奉仕)」の心です。

世の中に生かすように働きかけるのです。

そうすると・・・・・、
自分の価値が判ってきます。
自分の美と価値が判ってきます。

プルナトウ(奉仕)は社会事業だけを意味しません。
自分の体へのプルナトウ(奉仕)でもいいのです。

それが体を動かすアーサナ(ポーズ)です。
呼吸と共に朝に積極的に体を動かすようにします。

すると脳内ホルモンが上昇します。
その一つがエンドルフィンです。
元気になります。
気力が増します。
積極的になります。
肯定的な見方ができるようになります。

後屈を意識して運動(アーサナ)をしましょう!
胸の中に押し込められた
元気のないプラーナ(生命活動のもと)が発散され、開放できるのです。


ありのままの自分を肯定しましょう!

なんども、
なんども、
なんども、

肯定しましょう!

アファメイション!

練習がいるのです。
反復がいるのです。
心の訓練です。

その人達と訓練しましょう。
その人のためにも、
自分たちのためにも・・・・・、

よりよい有意義な人生になっていくのです。


まさに今の日本にも、
そして・・・・・、
悩めるわたくしたちにも、
必要な考え方だったのですね!

タントラ哲学の神髄です。

ゼンヤ先生に改めて深々と感謝でございました。
 <m(_ _)m> 深々 ペコリ
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2012/04/08 08:15】 | ウツよ、さようなら!
トラックバック(0) |


nobuko
まさに...
つい先日、似たような内容の話をパートナーと議論しておりました。
贈り物だなんて考えられないくらい程に傷ついてしまった人にはどうしたらよいか...
シェア、ありがとうございますi-1

Re: タイトルなし
ヨコ
nobukoさん

お久しぶりです。

このブログが少しでもお役に立ててれば幸いです。

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
まさに...
つい先日、似たような内容の話をパートナーと議論しておりました。
贈り物だなんて考えられないくらい程に傷ついてしまった人にはどうしたらよいか...
シェア、ありがとうございますi-1
2012/04/08(Sun) 19:49 | URL  | nobuko #-[ 編集]
Re: タイトルなし
nobukoさん

お久しぶりです。

このブログが少しでもお役に立ててれば幸いです。

ヨコ 
2012/04/08(Sun) 21:58 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。