神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「散る桜 残る桜も 散る桜」

神楽坂界隈の満開のサクラも散り始めています。


散る桜2

地面にはたくさんの花びらです。
風が吹くと花吹雪になります。

夜です。

散る桜1」


雨の路面に花びらがたくさん落ちています。

毎年、この風景を見ると思い出すのがこの句です。

良寛さんの句ですね。
江戸時代のお坊さんです。
辞世の句と言われているのは怪しい伝説ですね。

この句がもてはやされた時期があります。
太平洋戦争の末期です。
そうです。
特攻隊員の方々によく使われたのです。

華々しく死を選ぶことが美しい!

この時から、辞世の句に仕立て上げられたのが実情のようです。
学生時代に良寛さんの研究をやっていた先生から聞かされました。

死の美学という解釈で良寛さんはこの句をつくったのでしょうか?

いいえ、違います!

では、その真意はナンなのでしょう?

良寛さんは曹洞宗の禅僧です。
自ずからそこに答えが見えてきます。


いま、満開の美しく綺麗に咲き誇ったサクラでも・・・・・、
いつかは必ず散ります。
それは避けられないことです。
それを心の中に深く刻みましょう!

時は必ず流れます。

どんなに苦しい思いをしていても、
どんなに辛い気持ちがあっても、
どんなに悲しい悩みがあっても、

それは必ず散っていくのです!

いまの世の中で悩みのないことはありません。

仕事のこと、
対人関係のこと、
家庭のこと、
子育てのこと、
教育のこと、
自分の将来のこと、
病気のこと、
お金のこと、

ありとあらゆる悩みがあります。

サクラをモチーフ(主題)に良寛さんが表現したのは「いのち」です。

はかない「いのち」ではありません。

懸命に生きる「いのち」です。
限られた「いのち」です。
美しく輝く「いのち」です。

悩むことより、死ぬことより、生きている喜こびを示す生き方です。


最近です。
ある若い女性を諭(さと)しました。

もっと自立した生き方をしなさい!

返ってきた答えが・・・・・、

「人生は一回きりです」
「だから・・・、やれることをいま懸命にやります」

返す言葉がありませんでした。

まさにその通りです!

自分の思い通りにならないは「時の流れ」です。
自分の思い通りになるのは「自分の目標」です!

いまを懸命に美しく生きる!

いま生きている「いのち」をいかに美しく生きるかは、自分の意思でいかようにでもなります。

暗くも、悲しみも、苦しみも、時間が流します。
過去の経験になるのです。

いまを積極的に生きる!

負(ふ)なことは、自分自身の経験と思い、
時の流れに流すのです!

周囲の人々に助けられ、
大いなる大自然に生かされ、
決して一人ではなく、
たくさんの人に支えられ、
日々の流れされる時に対して、充実した生活を心がけることです。



散ったサクラを見上げます。
そこには必ず新緑の葉が芽吹きます。
神々しい緑樹になるのです。
秋になり紅葉します。
紅葉が枯れ散ります。
一見死んだようになります。

春になります。
また忽然と満開の花を咲かせるのです。
まさに大いなる時の流れに身をまかすのです。
サンスクリット語のあの「
アヌサラ」です。

サクラは太陽の日を浴び、
栄養を吸収し、
積極的にいまを生きているのです!


どんなに苦境に陥り、
どんなに惨めになっても、
どんなにまるはだかになっても、
いまを懸命にいきれば、
かならず時の流れと共に咲き誇れるのです。

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/04/14 00:05】 | 癒し
トラックバック(0) |

サクラとアヌサラ
リン
初めまして!

ヨコさんのことは、スタジオで存じ上げておりました。女子会でブログを書いている話を聞き、ここにたどり着きました。
アヌサラって何となくわかりました。

ありがとうございます。
これからも時々おじゃまします。


Re: サクラとアヌサラ
ヨコ
リンさん

初めまして!
というか、どこかのヨガスタジオでお会いしているのですね?
こんどお会いしたときに、遠慮なく声をお掛けください。

アヌサラの意味はかなり深い思想があります。
このブログにはそれが散在されています。
お時間のあとろきにでも検索してみてくださいね。(^_-)-☆ パッチ!

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
サクラとアヌサラ
初めまして!

ヨコさんのことは、スタジオで存じ上げておりました。女子会でブログを書いている話を聞き、ここにたどり着きました。
アヌサラって何となくわかりました。

ありがとうございます。
これからも時々おじゃまします。
2012/04/14(Sat) 03:30 | URL  | リン #-[ 編集]
Re: サクラとアヌサラ
リンさん

初めまして!
というか、どこかのヨガスタジオでお会いしているのですね?
こんどお会いしたときに、遠慮なく声をお掛けください。

アヌサラの意味はかなり深い思想があります。
このブログにはそれが散在されています。
お時間のあとろきにでも検索してみてくださいね。(^_-)-☆ パッチ!

ヨコ 
2012/04/14(Sat) 10:18 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。