神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三代将軍、徳川家光のお話があります。
このブログにも良く登場する女性講談師から聞いたお話でございます。
親しくさせて頂いている神田紅(くれない)さんです。


朝鮮から貢ぎ物が徳川家に献上されます。
一匹のトラです。

江戸城の一室でお披露目です。
檻に入ってるトラを家光と家来が取り囲みます。

うなり声を挙げます。
キバを見せつけます。

突然と家光が部下を呼び寄せます。
指南役の柳生宗矩(やぎゅうむねのり)です。

「宗矩! 檻に入ってみせろ!」

柳生宗矩は動じません。
「はっ、承知つかまり候っ!」


檻の扉をユックリと開けます。
刀に手をやります。
いつでも抜いて斬り殺す構えです。

ジリッ、
ジリッ・・・・・、

トラをにらみ付けて目を外しません。
少しずつトラに近づいていきます。

トラも大きな口を開けてうなり声を挙げます。
キバを見せつけます。
爪を立てています。
眼光が鋭く光っています。


トラ


宗矩も刀と気迫を見せつけながらさらにトラに近づきます。


瞬間です。
トラの目がそれます。
キバもツメも隠します。
逃げの姿勢になったのです。

家来の一人が叫びます。
「勝負あり!」

家光は大喜びです。

宗矩の額は汗だらけです。
顔面は蒼白です。

見つめる目はまだトラに向けられています。
緊張したままです。
ユックリと後ずさりします。

檻の外にでたときです。
取り囲む家来と家光が拍手喝采を宗矩に送りました。

家光は別な家来を呼び出します。
沢庵(たくあん)和尚です。

あの沢庵漬けの実在した禅の指導者です。
いまでいうブレインの一人だったのです。
沢庵にも檻に入るように命じます。

「そちも入ってみるか?」

「お望みとあれば・・・。」

身構えることもなく、
緊張することもなく、
普通に檻の中へ入ります。

頭を撫でられたトラは目を細めます。
沢庵和尚の胸に頭を埋めます。
甘えた声を出します。

すごい!

殺傷する武器を見せつけこともしません。
大人しくなってしまったのです。

まるで
ムツゴロウさんが野生のオオカミに近づいて・・・・・、
手なずけるようにトラの頭をなでているのです。


見ていた家来はあっけにとられます。
宗矩の場合とまったくちがった光景になっていたのです。

なにを教えたかったのでしょう?

簡単です。

柳生宗矩の姿勢は
・・・・・、
対決を見せつけているのです。
相手に負けまいと対決の姿勢です。
相手に気落ちしまいという対決の姿勢です。

沢庵和尚の姿勢は・・・・・、
融合の姿勢です。
相手の懐にはいる融合の姿勢です。
相手に一体感を示す融合の姿勢です。

どちらが相手にも自分にも負担が少ないのでしょう?

対立より融合ですね。

違いを見せるのではなく、共感をするのです。

アヌサラ的な生き方でございましたぁ~。(^_-)-☆パッチ!
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2012/05/12 01:32】 | happy life
トラックバック(1) |

アメリカの姿勢を
ゴチ
宗矩の姿勢には相も変わらずのアメリカの姿勢を感じます。沢庵和尚の姿勢に合致する国家は見当たりません。宗教が絡んだ分ライオンと同じようには行かないようです。(笑)アヌサラヨガの融和の姿勢は素晴らしいと思います。

Re: アメリカの姿勢を
ヨコ
ゴチさん

アメリカや中国のように国家レベルの外交を「武器」としている国では、宗矩のような「対決の姿勢」でしょうね。
沢庵和尚のような「融和の姿勢」は、民間レベルでの外交を意味すると思います。

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アメリカの姿勢を
宗矩の姿勢には相も変わらずのアメリカの姿勢を感じます。沢庵和尚の姿勢に合致する国家は見当たりません。宗教が絡んだ分ライオンと同じようには行かないようです。(笑)アヌサラヨガの融和の姿勢は素晴らしいと思います。
2012/05/12(Sat) 22:24 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: アメリカの姿勢を
ゴチさん

アメリカや中国のように国家レベルの外交を「武器」としている国では、宗矩のような「対決の姿勢」でしょうね。
沢庵和尚のような「融和の姿勢」は、民間レベルでの外交を意味すると思います。

ヨコ 
2012/05/13(Sun) 16:59 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
三代将軍、徳川家光のお話があります。このブログにも良く登場する女性講釈師から聞いたお話でございます。神田紅(くれない)さんです。朝鮮から貢ぎ物が徳川家に献上され
2012/05/12(Sat) 02:29:18 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。