神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を前にして癌性疼痛に苦しむ患者さんのための病棟があります。
「緩和ケア病棟」と言います。

わたくしたちのお仕事場にもそれがあります。
可能な限り、悔いの無い状態で死を迎えていただくのです。

残念ながら・・・・・、
緩和ケア専門の病棟は・・・・・、
意外にも都内に少ないのです。

欧米では当たり前ように緩和ケア病棟があります。
オーストラリアの緩和ケア専門の病棟に長く勤務していた看護師の報告が知られています。

彼女の報告だと・・・・・、

死を前にして、自分の人生を後悔する患者が多くいるのです。
悔いが出てくるです。

その「後悔する内容」は、多くの場合、決まったパターンだそうです。

以下にそのトップ5の内容をお伝えしましょう。


ナンバー5.
「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」


幸福とは誰が決めるのでしょう。
自分です。

親や夫婦や兄弟のしがらみや、
友人に気を遣ったり、
仕事の繋がりを大切にするあまり、
その慣習から抜け出せずにいると・・・・・、

「幸福は自分が選ぶこと」を忘れてしまうのです。

死を前にして・・・・・、
自分の人生の「変化」を恐れてしまい、
人生の「選択」を避けていた自分に気がつくのです。

この後悔を抱えたまま人生を終える人が多いのだそうです。


ナンバー4.
「あのときの友人関係を続けていれば良かった」


人生最後の数週間です。
自分のことを真剣に考えてくれていた友人に感謝します。

そうであればいいのですが・・・・・、

逆に、連絡や関係を絶ってしまったかつての友達や
自分を大切にしてくれた人に後悔するそうです。
あのときの友人や人との関係を
もっと大切にしておくべきだった・・・・・、
そういう後悔を覚えるのです。
 

ナンバー3.
「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」


社会で上手く生きていくために・・・・・、
自分の持っている感情を表に出せずに・・・・・、
死を直前にして不甲斐ない自分に気がつくのです。
非のない自分を出そうとしすぎたのです。

感情を押し殺せる人ほど・・・・・、
その傾向が死を間際に意外にも出現するのです。
 

ナンバー2.
「あんなに一生懸命働かなくても良かった」


懸命に仕事だけに生きてきた男性の多くが、この後悔をするそうです。

仕事以外の趣味もなく、
話し相手や友もいなく、
突然訪れる死への恐怖に・・・・・、
親しい人達と仕事以外の大切な時間とお金を費やせなかったことに後悔するのだそうです。


ナンバー1.
「自分自身に忠実に生きれば良かった」


人生の最後に、かなえられなった「夢」に後悔するのです。

他人にいい顔をしすぎて、
自分の夢を叶えることが出来ず、
人生の幕が閉じる直前に「ああしておけばよかった」という後悔が出てくるのです。
自分らしく生きることが出来なかったことへの後悔です。


今を大切に、
仕事以外の人生も大切に、
周りの人の人生も大切に、
「夢」を追い続ける人生を大切に、
生きる!

充実した人生って・・・・・、
本当に難しいですね。

とくにわたくしは・・・・・、
病的方向音痴でございます。

死に際の方向を見誤らないようにしないと・・・・・、
後悔だらけになりそうで~~~す! 
ねっ! (^_-)-☆パッチ!

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/05/26 01:10】 | happy life
トラックバック(1) |

難しい問題ですね。
ゴチ
「自分らしく生きれば良かった。」と後悔する方が多いようですが、土壇場で欲が出るのでしょうか。「今まで生きられたことに感謝」したいものです。


リカ
仕事を変えようか、彼とこのままでいいのか、自分にとって、人生とは何かなって、深く、深く、考えさせられました。

ヨコさん! ありがとうございます。感謝です。


Re: 難しい問題ですね。
ヨコ
ゴチさん

生き方を考える意味では、今日のテーマは大切だと思います。

わたくしは、お仕事柄、死に際の方々を目にする機会が他の職種の方々より、圧倒的に多いです。
自分は死ぬときはジタバタしないと豪語していた方ほど、死期がせまってくると、自分に残された家族のことや、医療費のことや、財産のことや、親戚縁者の喧嘩のことなど、オーストラリアとは異なった思いや考えがたくさんでてくることを目にしています。

本人の人生観と同時に、日本では、周りの人がもっと死期を迫る人へ気を遣うことが大切ではないかというのが実感です。


Re: タイトルなし
ヨコ
リカさん

あのヨギーのリカさん?
お久しぶりでございます。

まだまだやり直しのきくおとしですよね。

「選択」は恐れずに、自分の人生をしっかりと考えて下さいね!

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
難しい問題ですね。
「自分らしく生きれば良かった。」と後悔する方が多いようですが、土壇場で欲が出るのでしょうか。「今まで生きられたことに感謝」したいものです。
2012/05/26(Sat) 15:18 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
仕事を変えようか、彼とこのままでいいのか、自分にとって、人生とは何かなって、深く、深く、考えさせられました。

ヨコさん! ありがとうございます。感謝です。
2012/05/26(Sat) 16:48 | URL  | リカ #-[ 編集]
Re: 難しい問題ですね。
ゴチさん

生き方を考える意味では、今日のテーマは大切だと思います。

わたくしは、お仕事柄、死に際の方々を目にする機会が他の職種の方々より、圧倒的に多いです。
自分は死ぬときはジタバタしないと豪語していた方ほど、死期がせまってくると、自分に残された家族のことや、医療費のことや、財産のことや、親戚縁者の喧嘩のことなど、オーストラリアとは異なった思いや考えがたくさんでてくることを目にしています。

本人の人生観と同時に、日本では、周りの人がもっと死期を迫る人へ気を遣うことが大切ではないかというのが実感です。
2012/05/26(Sat) 22:49 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
リカさん

あのヨギーのリカさん?
お久しぶりでございます。

まだまだやり直しのきくおとしですよね。

「選択」は恐れずに、自分の人生をしっかりと考えて下さいね!

ヨコ 
2012/05/26(Sat) 22:52 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
死を前にして癌性疼痛に苦しむ患者さんのための病棟があります。「緩和ケア病棟」と言います。わたくしたちのお仕事場にもそれがあります。可能な限り、悔いの無い状態で死
2012/05/26(Sat) 06:45:19 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。