神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログをお読みの方はご存知でしょう。
何年も前からうつ病の入院施設でヨガを教えさせていただいています。

ある日です。

約20人の方々が集まりました。

若い女性が多い日でした。
最前列の中央に30歳代の若い女性がいました。
ヨガのポーズがとても綺麗です。

ヨガの時間が終わった後です。

何人もの方から退院後の生活にヨガを取り入れたいと質問攻めです。

     どんなヨガでもよいです。
     無理せずに決して焦らずにして下さい。
     一つだけやって欲しくないヨガがあります。
     ホットヨガです。
     自律神経の機能を落とします。
     やるのなら、体力に自信がついてからにして下さい。
     退院直後の皆さんがやるヨガではありません。

最前列の女性に声をかけます。

     どこかでヨガを習っていたんですか?

ヨガのインストラクターをしてました。 
ホットヨガですけど・・・・・。

     Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン !!!

ホットヨガのインストラクターでこのうつ病の入院施設に来られた方はこの方だけではありません。
な、な、なんと・・・・・、
わたくしの知る限り、この2年間で5名もいるのです。

お仕事場にもホットヨガで調子を崩したクライアントがやって来ます。
ホットヨガをやってから体調を崩してご相談に来られたのです。

全員が女性です。

症状の大半は、いわゆる自律神経失調症です。

その中には、完全に生理が止まった方もいます。
頭髪の脱毛が止まらなくなった方もいます。
そして・・・・・、
うつ病になった方もいます。

とくにインストラクターの方に多いのです。

実は・・・・・、
インストラクターの間では有名な話なのです。

ホットヨガの連日のクラスや、
長時間のクラスは・・・・・、

確実に、
そして、
高頻度に
体調不良を起こすのです。

数ヶ月でヨガスタジオを辞めるインストラクターはめずらしくありません。
言い方が悪いですが・・・・・、
ホットヨガのインストラクターは「使い捨て」的な面が否めません。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?


環境が身体に厳しいからです。

一般的にホットヨガは・・・・・、
室温が35度以上で、湿度は50~60%以上の環境でヨガのポーズをします。

この環境は、まさに日本の真夏の炎天下でヨガをやるのと同じです。

日本体育協会では、気温が35度以上の環境で運動することを原則すべきでないとしています。
「熱中症」の要注意環境だからです。

ましてやホットヨガのスタジオによっては、換気が悪いと湿度は100%近くになります。

そうすると・・・・・、
身体の温度調節が一気に低下します。

熱中症の始まりです。


熱中症は、高温多湿な環境で、体内の水分と塩分のバランスが崩れて起こります。
体内の調整機能が低下します。

温度調節機能が破綻すると・・・・・、
軽い場合は・・・・、
頭痛がします。
めまいが起こります。

シャワールームやトイレで吐いたり、
気分不快が取れなくなったり、
筋肉のけいれんが起きたり、
突然の筋肉痛や、
筋肉がつったり、
しまいには・・・・・、
意識障害が起こるのです。

米国では・・・・・、
ホットヨガの最中や、
ホットヨガが終わったあとに、
脳梗塞や心筋梗塞を起こした人も報告されています。

もしホットヨガを健全にやるなら、
ともかく水分の補給が大切です。

そして、ヨガをやっている最中で体調不良に気がついたら、
絶対に我慢しないことです。
すぐにクラスから退室することです。

睡眠不足は熱中症を起こしやすくします。
生理中でも関係無くできると宣伝しているホットヨガがあります。
ウソです!
生理のきついときには医学的にも避けるべきです。

水分の補給はスポーツドリンクにすべきです。
真水が良いと言っている人がいますが、これも医学的にはお勧めできません。
体内に塩分が足りなくなるからです。
そのために・・・・・、
熱性けいれんを起こすのです。
それだけ大量の汗が出るのです
(個人差がありますが、通常、1時間でも500~800ミリリットル以上です)。

ホットヨガは体力のある方には、なにも問題がありません。
むしろ・・・・・、
人によってはやったあとに爽快感が出るでしょう。

心の揺らぎを少なくするのがヨガです。
ホットヨガはその目的から逆行する可能性があります。

体力に自信のない方や、
身体的に、あるいは精神的に問題のある方は、決して無理しないことだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2012/08/04 00:00】 | ヨガ
トラックバック(0) |

わたくしも
リエ
ホットヨガのイントラで体調を崩して半年を棒に振りました。ヨコさんのいう自律神経失調症でした。ホットヨガは派手にダイエットを宣伝していますが、それは単に脱水です。心身に健康的なヨガとはかなり離れたものですね。


ハンニャ
ホットヨガ愛好家だよ!!!

あんた、偉そうなこと行って、医者なの?

超ムカツク!!!

Re: わたくしも
ヨコ
リエさん

ホットヨガのインストラクターさんだったんですね。
いったん体調を崩して自律神経の機能が落ちると、調節機能の回復には時間がかかりますね。
大変だったと思います。いまは戻ったのでしょうか?
もしまだ問題があれば、ご相談に乗りますよ。(そのときは、コメントを表にしないで下さい)

ヨコ 



怖いですね。
ゴチ
ホットヨガの危険性、良く理解できました。体が温まる事により間接が柔らかくなる事に目をつけたヨガのようですが、最初は思わぬ効果にのめり込む方が多いのかもしれません。熱中症を考えれば薦められないヨガですね。

Re: タイトルなし
ヨコ
ハンニャさん

ご気分を害したようで、申し訳ありません。
しかしながら、わたくしは事実を述べております。
わたくしがどんな人間で、どのような職業についているのかは、
この日だけの内容で判断せずに、このブログを今年からでもお読みになれば判ります。
わたくしが医者であろうとなかろうと、もう一度、ホットヨガの健康面での問題点を考えて下さい。
決して誰もがやってよいヨガではないのです。

ヨコ 

Re: 怖いですね。
ヨコ
ゴチさん!

ホットヨガの始まりは、偶然です。
インドから冬の東京にやってきたヨガの先生がいました。
寒い部屋でぶるぶる震えながらのヨガは失礼だと、日本人スタッフが気をつかいました。
部屋の中にたくさんのストーブを入れたのです。
部屋は予想以上に暖かくなりました。
なんとヨガを習いにきた生徒達が汗びっしょりになりました。
爽快感があったといいます。
このインド人はひらめきます!
「ストーブをたいた蒸し暑い部屋でヨガ!」
「これはビジネスになる!」
アメリカで商売をはじめたのです。
その人の名は・・・・・、「ビクラム」さんです。

体力のある人には問題ないでしょう。
けれど、そんな人でも無理は禁物ですね!

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
わたくしも
ホットヨガのイントラで体調を崩して半年を棒に振りました。ヨコさんのいう自律神経失調症でした。ホットヨガは派手にダイエットを宣伝していますが、それは単に脱水です。心身に健康的なヨガとはかなり離れたものですね。
2012/08/04(Sat) 01:35 | URL  | リエ #-[ 編集]
ホットヨガ愛好家だよ!!!

あんた、偉そうなこと行って、医者なの?

超ムカツク!!!
2012/08/04(Sat) 21:40 | URL  | ハンニャ #-[ 編集]
Re: わたくしも
リエさん

ホットヨガのインストラクターさんだったんですね。
いったん体調を崩して自律神経の機能が落ちると、調節機能の回復には時間がかかりますね。
大変だったと思います。いまは戻ったのでしょうか?
もしまだ問題があれば、ご相談に乗りますよ。(そのときは、コメントを表にしないで下さい)

ヨコ 

2012/08/04(Sat) 22:23 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
怖いですね。
ホットヨガの危険性、良く理解できました。体が温まる事により間接が柔らかくなる事に目をつけたヨガのようですが、最初は思わぬ効果にのめり込む方が多いのかもしれません。熱中症を考えれば薦められないヨガですね。
2012/08/04(Sat) 22:23 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: タイトルなし
ハンニャさん

ご気分を害したようで、申し訳ありません。
しかしながら、わたくしは事実を述べております。
わたくしがどんな人間で、どのような職業についているのかは、
この日だけの内容で判断せずに、このブログを今年からでもお読みになれば判ります。
わたくしが医者であろうとなかろうと、もう一度、ホットヨガの健康面での問題点を考えて下さい。
決して誰もがやってよいヨガではないのです。

ヨコ 
2012/08/04(Sat) 22:34 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: 怖いですね。
ゴチさん!

ホットヨガの始まりは、偶然です。
インドから冬の東京にやってきたヨガの先生がいました。
寒い部屋でぶるぶる震えながらのヨガは失礼だと、日本人スタッフが気をつかいました。
部屋の中にたくさんのストーブを入れたのです。
部屋は予想以上に暖かくなりました。
なんとヨガを習いにきた生徒達が汗びっしょりになりました。
爽快感があったといいます。
このインド人はひらめきます!
「ストーブをたいた蒸し暑い部屋でヨガ!」
「これはビジネスになる!」
アメリカで商売をはじめたのです。
その人の名は・・・・・、「ビクラム」さんです。

体力のある人には問題ないでしょう。
けれど、そんな人でも無理は禁物ですね!

ヨコ 
2012/08/04(Sat) 22:42 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。