神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、夕日の赤さが目立ってきました。

昨日は南埼玉へ移動です。
その帰りです。

夕日です。

あかあかと輝く夕日はまだ暑くてたまらないのですが・・・・・、
ときより吹く風は少しだけ涼しくなってきました。

秋の気配です。

( ゚o゚)ハッ!

頭に浮かんだ一句が・・・・・、


あかあかと日は難面(つれなく)もあきの風



芭蕉の句ですね。

「つれなくも」という表現は・・・・・、

旅人として歩く芭蕉に、
あかあかと容赦なく照りつける太陽の日の強さ示すのです。

自然の厳しさでもあり、
辛さでもあるのです。

でも、そこに吹く風が、一瞬、涼しいのです。

まさに秋の訪れですね。


秋の夕日



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2012/09/21 00:00】 | 癒し
トラックバック(0) |

芭蕉はどこで
ゴチ
「あかあかと日は難面(つれなく)もあきの風」流石は名人芭蕉ですね。初秋の感じが良く出ています。ところで旅の途中に読む事が多かった芭蕉がこの句を詠んだ場所はどこなのでしょう。

Re: 芭蕉はどこで
ヨコ
ゴチさん

>ところで旅の途中に読む事が多かった芭蕉がこの句を詠んだ場所はどこなのでしょう。

金沢といわれています。

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
芭蕉はどこで
「あかあかと日は難面(つれなく)もあきの風」流石は名人芭蕉ですね。初秋の感じが良く出ています。ところで旅の途中に読む事が多かった芭蕉がこの句を詠んだ場所はどこなのでしょう。
2012/09/20(Thu) 22:44 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: 芭蕉はどこで
ゴチさん

>ところで旅の途中に読む事が多かった芭蕉がこの句を詠んだ場所はどこなのでしょう。

金沢といわれています。

ヨコ 
2012/09/20(Thu) 22:52 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。