神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKのミュージック・ポートレイトという番組があります。
お二人がそれぞれのお気に入り10曲を紹介するのです。

今週です。
美輪明宏と槇原敬之のお二人が10曲を紹介しました。

番組の最後になります。

「人生の最後に聞きたい曲」が紹介されます。
槇原敬之が選んだ曲とは・・・・・、



「スマイル」(Smile)




「スマイル」(Smile)とは・・・・・、
チャップリンの映画『モダン・タイムス(1936年)』のエンディングに流れた名曲です。
チャップリンが作曲したこの映画のテーマ曲になっています。
それから18年後です。
1954年にジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズが歌詞とタイトルを加えたのです。

それが・・・・・、「スマイル」(Smile)なのです。

最初は映画の最後に流れる曲だけでした。
そこにはタイトルも歌詞もついていなかったのです。

最初に歌った歌手が、ナッキンコールです。
1954年のことです。

大変な時代だったのです。
恐怖の時代だったというべきでしょう。
人種差別の時代だったのです。

まだ公民権運動すらも起きていない時代です。
黒人はレストランもトイレも居住区も全てが白人と差別されていたのです。
学校も教育も職場も、すべてが徹底的に差別されていたのです。
人間の扱いすらもされない黒人の「悲劇の時代」だったのです。

それでも歌うナッキンコールの顔には微笑みです。
常に微笑みです。

美輪明宏がいいます。

スマイルは・・・・・、
「スマイルは全世界の通行手形よ!」


そんな時代背景を考えに、歌詞とナッキンコールの歌声をお聞きください。








下の動画は、モダンタイムスのダイジェスト版です。
文明の発展とともに、人間が機械の部品と同じような扱いを受けます。
そこには生きる喜びを失った人間がいます。

「スマイル」!

人間性を取り戻すキーワードだったのです。









微笑んで、たとえ君の心が痛んでも


微笑んで、たとえ破れても

空に雲が立ち込めても

君ならきっと切り抜けられるから

恐れる事も悲しい事も乗り越え、微笑むなら

微笑んで、そしてたぶん明日には

君のために輝いてくれる太陽を見るだろう

訪れる喜びに君の顔を輝かせて

どんな悲しみの跡も見せずにいよう

たとえ今すぐにも涙しそうだとしても

そんな時にこそがんばり続けて

微笑んで、泣いたってどうにもならない

人生にはまだ生きる価値があることを君はわかるはず

もしも微笑もうと思うなら

微笑んで




Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through for you
Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near
That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile
instrumental interlude
That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile

作曲:チャーリー・チャップリン


関連記事
スポンサーサイト

【2012/09/22 00:02】 | happy life
トラックバック(0) |

偉大な歌手と俳優
ゴチ
戦後に大ヒットした曲ですね、偉大なチャップリンのモダンタイムと偉大な歌手のコラボと言ったイメージです。他にもいい曲がたくさんありました、モナリザ、トゥーヤング、ランブリングローズなどです。素晴らしい曲を思い出させて頂きました。ありがとうございました。

Re: 偉大な歌手と俳優
ヨコ
ゴチさん

1954年に大ヒットした曲だそうですね。
そのあと、いろいろな人がカバーしています。
最近は、マイケル・ジャクソンもこの歌をうたっているんですね。

ヨコ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
偉大な歌手と俳優
戦後に大ヒットした曲ですね、偉大なチャップリンのモダンタイムと偉大な歌手のコラボと言ったイメージです。他にもいい曲がたくさんありました、モナリザ、トゥーヤング、ランブリングローズなどです。素晴らしい曲を思い出させて頂きました。ありがとうございました。
2012/09/22(Sat) 16:16 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: 偉大な歌手と俳優
ゴチさん

1954年に大ヒットした曲だそうですね。
そのあと、いろいろな人がカバーしています。
最近は、マイケル・ジャクソンもこの歌をうたっているんですね。

ヨコ
2012/09/22(Sat) 22:33 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。