神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「眠れない夜」・・・・・。

誰も必ず経験があるでしょう。

上司に叱られた・・・・・、
顧客に怒鳴られた・・・・・、
恋人と喧嘩した・・・・・、
受験に失敗した・・・・・、
交通事故を起こした・・・・・、

平穏無事な生活などありえません。
毎日が楽しい訳ではありません。

いつでも、どこでも、だれでも、なにかが起こります。

そんな夜です。
目が覚めて寝られません。
悶々と寝床の中で寝苦しい夜になります。

よくいわれることがあります。

嫌なことがあれば、一晩寝ちゃえばいいのよ!
泣きはらして寝ちゃえばいいのよ!


正しいでしょうか?

いいえ!


最新の研究で・・・・・、
嫌なことの後に寝てしまうことは・・・・・、
長期的に脳にとって良くないことが判ってきたのです。


どういうことでしょう???



こんな実験が実際に行われました。

28人の被験者を2つに分けます。
全員が自動車の運転ができます。

一つのグループはある衝撃的な画像を見せた後、
一晩寝させます。
もう一グループは寝させないのです。

どんな衝撃画像だったのでしょう?

被験者は自動車のシミュレータに乗ります。
自動車を操作します。
運転手の視点で実際の映像に近い画像が動きます。

突然、自分の車が衝突事故を起こすのです。
人身事故です。
極めてリアルです!

その体験3日後です。

全員に同じシミュレータに乗ってもらいます。
そして・・・・・、
事故直前の平穏な映像を見せるのです。


寝させたグループは・・・・・、
映像を見ただけで、心臓がバクバクしたり、
冷やせが出てきたのです。

寝られなかったグループは無反応です。

どういうことなのでしょう?


嫌なことや不快なことが起きたときです。
普通は、人間の反応として寝られなくなります。

ストレスがかかった状態なのです。
脳からストレスホルモンが出ます。

その一種に「コルチゾール」があります。
脳を興奮させるのです。

すると・・・・・、
睡眠が取れなくなるのです。

睡眠の作用としてその日の出来事の記憶があります。

睡眠が浅くなったり、
寝付けないと、
この出来事が脳の中に取り込まれにくくなります。

ところが・・・・・、
寝てしまうと・・・・・、
長期間にわたって記憶に残ってしまうのです。

この実験で・・・・・、
10日間たったあとでも、
事故直前の映像だけでドキドキ、バクバクするのです。


嫌な出来事のあと「眠れない夜」とは・・・・・、
睡眠の機能のひとつである「記憶の定着」を防いで、
脳が自ら守っているからなのです。

逆に言えば・・・・・、
嫌な出来事があったときは、無理に寝ないことです。

哀しみ、悔しさ、怒り、失望、後悔・・・・・、
人生にさまざまに降りかかる出来事で寝られないときです。

脳は必死に訴えているのです。
自分のこころの奥に「哀しみ、悔しさ、怒り、失望、後悔・・・・・、」
を残さないようにです。

嫌な出来事のあとの「眠れない夜」は、実は必要な夜なのです。

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2012/09/25 00:00】 | ストレス緩和
トラックバック(0) |


saya
ヨコさん
先日のヨガフェスタの講演は面白かったです。
今日の話は心当たりあります。上司に嫌なことを言われて、悔し泣きしながら寝入ってしまったあとって、決まって、そのあとも嫌な事が残っていました。なんにちたっても上司の平穏な言動にもむかついてくるのです。そんな毎日のむかつきが、グループの異動になってから(同じフロアなんですけど)、知らない間にすっかり消えちゃいました。人間の脳って、不思議ですね。



素晴らしい脳の機能
ゴチ
上司,、顧客、恋人、受験、交通事故に関連する悩みなど、言われてから気がつきましたが、こんな事が起こった夜は眠れないだろうなと思います。
コルチゾールの分泌が脳を興奮させ記憶の刻み込みを防止する機能を持つ事を知りました。素晴らしいです。

Re: タイトルなし
ヨコ
sayaさん!

お目にかかれずに残念でした。
嫌なことが起きたときの「眠れない夜」という反応はストレスに対する脳の自己防衛というのが最近の脳科学の研究成果です。
無理してでも寝込む方が、長期にストレスをため込むようですね。
この詳細な内容はキミ師匠のWSでお話ししましょう。

ヨコ

Re: 素晴らしい脳の機能
ヨコ
ゴチさん

人間の自己防衛反応は素晴らし機能だと思います。誤った考えとか思い込みで、無理して寝ようとすることが、逆に自分で心に傷を残すことに繋がるのだというのがこの研究の結論なのです。

ヨコ 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ヨコさん
先日のヨガフェスタの講演は面白かったです。
今日の話は心当たりあります。上司に嫌なことを言われて、悔し泣きしながら寝入ってしまったあとって、決まって、そのあとも嫌な事が残っていました。なんにちたっても上司の平穏な言動にもむかついてくるのです。そんな毎日のむかつきが、グループの異動になってから(同じフロアなんですけど)、知らない間にすっかり消えちゃいました。人間の脳って、不思議ですね。

2012/09/25(Tue) 09:27 | URL  | saya #-[ 編集]
素晴らしい脳の機能
上司,、顧客、恋人、受験、交通事故に関連する悩みなど、言われてから気がつきましたが、こんな事が起こった夜は眠れないだろうなと思います。
コルチゾールの分泌が脳を興奮させ記憶の刻み込みを防止する機能を持つ事を知りました。素晴らしいです。
2012/09/25(Tue) 21:08 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: タイトルなし
sayaさん!

お目にかかれずに残念でした。
嫌なことが起きたときの「眠れない夜」という反応はストレスに対する脳の自己防衛というのが最近の脳科学の研究成果です。
無理してでも寝込む方が、長期にストレスをため込むようですね。
この詳細な内容はキミ師匠のWSでお話ししましょう。

ヨコ
2012/09/25(Tue) 22:35 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: 素晴らしい脳の機能
ゴチさん

人間の自己防衛反応は素晴らし機能だと思います。誤った考えとか思い込みで、無理して寝ようとすることが、逆に自分で心に傷を残すことに繋がるのだというのがこの研究の結論なのです。

ヨコ 
2012/09/25(Tue) 22:38 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。