神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月の2日です。
休みで計画していた予定は大幅に変更となります。

午前中のお仕事を終えるや否や・・・・・、
急遽、レ・ミゼラブルに観に行くことに決めました。

そうです。
あの映画の「レ・ミゼラブル」です。

インターネットで席を購入します。
まだ2/3以上の空席があいていました。
これは絶対にユッタリと観られるでしょう。

夕方の有楽町に行きます。

そうです。
有楽町マリオンの11階の映画館に行くのです。

前の上映が終わったばかりの時間帯です。

Σ(゚〇゚;)ヒョェエエ工~~~!!!

映画館からものすごい人が出てきます。
入り口は次の上映の人達で長蛇の列です。

全員が予約席です。
ということは・・・・・・、

そうです。
満員御礼だったのです。
大人気だったのです。

なが~いCMのあと本編がようやく始まります。

いきなり迫力のあるシーンが展開です。
劇場のミュージカルとは比較出来ない映像に圧倒されます!

このブログにはすでに上演時期が異なる2回の「レ・ミゼラブル」をアップしています。

な、な、なんと・・・・・、
いままで帝劇に4回も観に行っていたのです。

ニューヨークでも観たことがあります。

実は・・・・・、
それだけお気に入りのミュージカルなのです。

はたして映画版の「レ・ミゼラブル」はどうなのでしょう?
劇場版と同じような臨場感を味わえるのでしょうか?

味わえます!!!

俳優も女優もすべての人が「吹き替え」なしで歌っているのです!

フランス革命時代の時代背景の理解がさらに深まります。


劇場版との違いも沢山あります。

「ファンテーヌ」を演じる「アン・ハサウェイ」が歌う有名な歌があります。

♪「夢やぶれて」(I Dreamed a Dream)です。



                        日本語予告編より

全く異なるシーンで歌われます。

劇場版では女工を首となった後に歌います。
映画版ではもっとどん底の人生になったときに歌います。

詳しくは書けません。
ご覧になればお判りになるでしょう。

こちらの方が・・・・・、
人生の転落を感じさせます。

こちらの方が・・・・・、
人生の悲しみを誘います。

あちらこちらですすり泣きです。

わたくしも・・・・・、
学生運動のバリケードのシーンからはもう完璧な泣き虫ヨコになっていました。



「レ・ミゼラブル」のテーマはいくつもあります。

誰もが思うのは「正義」と「愛」です。

ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)とジャベール警部(ラッセル・クロウ)との正義の違いは・・・・・、

「愛」です!

GALLERY009489_1.jpg


ファンテーヌが抱くとコゼットへの「母の愛」が哀しみを増します。

母親自身が犠牲になってでも我が子を救う「無償の愛」です。

神父が盗人のジャン・ジャルバンを見逃す行為も「無償の愛」です。

ジャン・ジャルバンがコゼットへの行動も「無償の愛」です。

GALLERY009489_2.jpg
                   
コゼットとマリウスの「青春の愛」が情熱であり、純粋です。

見え隠れする「神の愛」が「無償の愛」なのです。

ジャン・バルジャンの「誓いの愛」なのです。

どれもが困難な状況で生まれる「真実の愛」です。

諦めてはいけない!
どこかに打開がある!

「無償の愛」に答えがある!

そんな勇気ももらえます。

今年一番の必見の映画と思います!
お時間があれば是非ともご覧に下さい。


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2013/01/03 23:02】 | 演劇
トラックバック(0) |


あずさ
昨日、レ・ミゼラブルを新宿ピカデリーで観ました。
大入満員でした。

わたくしも号泣でした。
久々に良い作品ですね。
今週末にまた友人と観に行きます。

久々コメントです
オニ
レミゼいいですよねー、今日映画を観にいく予定です!
あまりミュージカル観ないですが、レミゼは大好きです!今年生まれ変わる帝劇版も狙ってます!

では、映画楽しんできます!

ユゴーの名作
ゴチ
流石ユゴー、世界の名作ですね。彼自身も亡命を経験し、人の心を深く理解した上での作品なので人々の心を打つのでしょう。最近日本人の無償の愛が薄れていくようで心配です。

Re: タイトルなし
ヨコ
あずささん

本当によい映画でしたね。
リピーターがたくさんいるのもうなずけます。

ヨコ 



Re: 久々コメントです
ヨコ
オニさ~ん!

お久しぶりです。

>今年生まれ変わる帝劇版も狙ってます!

帝劇版にはカオリン(大勝かおり)の親友もでますよ!
最新バージョンの帝劇版も期待しましょうね! 

ヨコ 


Re: ユゴーの名作
ヨコ
ゴチさん

>彼自身も亡命を経験し、人の心を深く理解した上での作品なので人々の心を打つのでしょう。

ユゴーはナポレオン3世と親戚関係にあって、とっても仲が悪かったそうですね。
ナポレオンたちの行った政治で、フランス民衆の生活の酷さをこの作品の裏に描かれています。

東日本大震災直後には、日本人のたくさんの無償の愛があったかと思います。
ただし、熱しやすく冷めやすいのが欠点かも知れませんが・・・・・。

ヨコ 


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
昨日、レ・ミゼラブルを新宿ピカデリーで観ました。
大入満員でした。

わたくしも号泣でした。
久々に良い作品ですね。
今週末にまた友人と観に行きます。
2013/01/04(Fri) 01:12 | URL  | あずさ #-[ 編集]
久々コメントです
レミゼいいですよねー、今日映画を観にいく予定です!
あまりミュージカル観ないですが、レミゼは大好きです!今年生まれ変わる帝劇版も狙ってます!

では、映画楽しんできます!
2013/01/04(Fri) 02:43 | URL  | オニ #-[ 編集]
ユゴーの名作
流石ユゴー、世界の名作ですね。彼自身も亡命を経験し、人の心を深く理解した上での作品なので人々の心を打つのでしょう。最近日本人の無償の愛が薄れていくようで心配です。
2013/01/04(Fri) 21:04 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: タイトルなし
あずささん

本当によい映画でしたね。
リピーターがたくさんいるのもうなずけます。

ヨコ 

2013/01/04(Fri) 22:35 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: 久々コメントです
オニさ~ん!

お久しぶりです。

>今年生まれ変わる帝劇版も狙ってます!

帝劇版にはカオリン(大勝かおり)の親友もでますよ!
最新バージョンの帝劇版も期待しましょうね! 

ヨコ 
2013/01/04(Fri) 22:38 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: ユゴーの名作
ゴチさん

>彼自身も亡命を経験し、人の心を深く理解した上での作品なので人々の心を打つのでしょう。

ユゴーはナポレオン3世と親戚関係にあって、とっても仲が悪かったそうですね。
ナポレオンたちの行った政治で、フランス民衆の生活の酷さをこの作品の裏に描かれています。

東日本大震災直後には、日本人のたくさんの無償の愛があったかと思います。
ただし、熱しやすく冷めやすいのが欠点かも知れませんが・・・・・。

ヨコ 
2013/01/04(Fri) 22:45 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。