神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝は毎年必ずドラマが起こります。
人の心を打つドラマです。

選手も
監督も
地元の人も
大学の同窓生も
ただテレビで観戦の人も

涙する人がいます。
悔し泣きをする人もいます。
雄叫びを上げて歓喜をする人もます。

悲喜こもごものドラマが展開するのです。

選手と選手の繋がりが「たすき」です。


今年の箱根駅伝
(今年の箱根駅伝で、明治大学の選手がふらふらに倒れ込もながら次の選手に襷で繋いだ瞬間)



「たすき」を漢字で書くと「襷」です。

「襷」は、漢字ですが、正確には「国字」です。
つまり・・・・・、
中国から伝わった漢字ではなく、
昔の日本人が作ったMade in Japanの「和製漢字」です。

代表的なのは榊です。
匂いや峠もそうですね。

さて・・・・・、
「襷」は、衣偏(ころもへん)の「衤」に「挙げる」の旧漢字を繋げた字です。

着物の袖を持ち上げるために生活に欠かせない道具だったのです。

もう一つの漢字の読み方で別な見方ができます。

「挙げる」は「拳(こぶし)」という意味もあります。
握った拳にエネルギーを宿す意味があるのです。

伊勢神宮では田植えの神事に「襷」を古くから使っていました。
「襷」は、神への清い祝い事であり、
「襷」は、神への五穀豊穣の願い事であり、
「襷」は、神からの頂きもの宿すことを意味しました。


出発の合図を待つ選手は皆その合図を待っています。
「拳」を握っています。

運命の時を逃がさないようにです。

ゴールにようやくたどり着く選手とそれを待つ選手も
「拳」を握りしめています。

運命の時を逃がさないようにです。

追いつ抜かれつ、
ハラハラドキドキのシーンで、
監督も同僚も観衆も
みんなで「拳」を握っています。

運命の時を共有するようにです。

たくさんの襷(たすき)が選手を繋いでいます。
たくさんの襷(たすき)が選手と観衆を繋いでいます。
人々の心に「拳」を突きつけてくるのです。

運命の時を共有するようにです。

それが・・・・・、
たくさんの感動というドラマを生んでいくのです。


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2013/01/04 22:25】 | happy life
トラックバック(0) |

棄権も2校
ゴチ
箱根駅伝には毎年感動させられます。明大の大ブレーキ以上に残念であったと思われる城西大と中央大の棄権です。しかし繰り上げスタートが無かった事は良かったと思います。襷の目的が二つ有る事は知りませんでした。知ってか知らずか選手たちは拳を挙げているのが興味深いですがたぶん、ガッツポーズだと思われます。

Re: 棄権も2校
ヨコ
ゴチさん

「襷(たすき)」が神事に使われている国字ですし、「榊(さかき)」も神事と関連する国字です。
「襷」が繋がることが、祈りと願いと成功に繋がることは、まさに箱根駅伝の選手たち、応援者、観戦する人達にも相通ずることですね。

ヨコ 


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
棄権も2校
箱根駅伝には毎年感動させられます。明大の大ブレーキ以上に残念であったと思われる城西大と中央大の棄権です。しかし繰り上げスタートが無かった事は良かったと思います。襷の目的が二つ有る事は知りませんでした。知ってか知らずか選手たちは拳を挙げているのが興味深いですがたぶん、ガッツポーズだと思われます。
2013/01/05(Sat) 16:32 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: 棄権も2校
ゴチさん

「襷(たすき)」が神事に使われている国字ですし、「榊(さかき)」も神事と関連する国字です。
「襷」が繋がることが、祈りと願いと成功に繋がることは、まさに箱根駅伝の選手たち、応援者、観戦する人達にも相通ずることですね。

ヨコ 
2013/01/06(Sun) 02:09 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。