神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Dance The Life!!」の劇場内のパンフレットにニサルガダッタ・マハラジの言葉が寄せられています。

私は誰でもないのだと知るとき、、、それこそが知恵だ!
そして、私は全てのものだと知るとき、、、それこそが愛だ!
これら二つの間を、私の人生は動いている

これだけを読んでも何が何だかわかったような判らないような感じがするでしょうね。

その解説をいたしましょう。

ニサルガダッタ・マハラジ(以下、マハラジと略します)はヒンズー教徒です。
その教えは、古代インド哲学から派生してきます。
その教えの中に「タントラ哲学」の世界が入っています。

仏教もヒンズー教と同じように「タントラ哲学」の世界を取り入れます。

マハラジは悟りを得るために、徹底的に「マインド」にこだわります。

劇中でも「マインド」がという台詞が何度か出てきます。

マインドとは意識です。

どんな意識でしょうか?

自分の揺れゆく意識です。

マハラジは、この揺れゆく意識を徹底的に見つめ直したのです。


初めに紹介したマハラジの言葉の「私」とは・・・、「自分」のことではありません。

「意識」です。

意識は誰でもないのだと知るとき、、、それこそが知恵だ!
そして、意識は全てのものだと知るとき、、、それこそが愛だ!
これら二つの間を、意識は動いている



意識は自分のものでもなく、誰でもなく、大いなる意識に気づいたときが、知恵になります。
大自然の中で自分の存在に気がついたときなどです。
生かされたという思いです。

タントラ哲学の世界でいえば、「ブッディ」です。

意識は全てのものだとは・・・・・、
「この世のすべてのものは、相反するものどうしが補い合って生まれるダンス」というタントラの世界からきています。

肯定するもの、否定するもの、満たされるもの、満たされないもの、安定なもの、不安定なもの・・・・・、
全てが相反するのです。

それを補完し合い、調和を生み、バランスをとりあって、全てのものにするとき、「意識」は「愛」になります!

タントラ哲学の世界でいう「アーナンダ(至福の存在)」です。

揺れ動く意識を常に「生かされた」という感謝の念と、足りないものを補い合う「愛」にすることをマハラジは言いたかったのです。

人生の目標とも言えます。


次回は、タントラ哲学の世界が徹底的に「ダンス」にこだわっていることをご紹介しましょうね!(^_-)-☆パッチ!


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2013/01/19 01:00】 | ヨガ
トラックバック(0) |

タントラ哲学
リン
ヨコさん、どうやったらタントラ哲学を学べますか?
興味があります。



さんが
なるほどです

ヨコさんのお知らせでかおりさんの舞台を拝見して、ヨコさんのおっしゃった通り、かおりさんの切れの良い舞に感動3981しました。パンフレットの中にあった文章は、なにかマントラみたいな感じがしましたが、今日の内容でよく判りました。ありがとうございました。


奥深し。
ゴチ
「この世のすべてのものは、相反するものどうしが補い合って生まれるダンス」・・・昨年春から小学校でダンスが課目に採用されましたが意外なところで重要な役割を果たしそうですね。一人大海の中にあって自分の知恵を見つけていく事が愛に繋がっていくのでしょうか。ンンーーー!タントラ哲学・・・奥深し。

Re: タントラ哲学
ヨコ
リンさん

残念ながら、「タントラ哲学」だけを一般向けに教えている一講座はないのが現状です。
年に一回、カルロス・ポメダ先生が来日しますから、その方の講義を受けることがよいでしょう。
わたくし自身も何人かの外国人の話を聞きましたが、ポメダ先生が一番偏りがないと思います。
今年も来日予定ですよ。

ヨコ


Re: タイトルなし
ヨコ
さんがさん

コメントありがとう!
またスタジオでよろしくお願いいたします。

ヨコ



Re: 奥深し。
ヨコ
ゴチさん

タントラ哲学はあくまでも「世の中の見方、人の生き方、人生の考え方」の道筋を示しているだけです。
一つの考え方として、知る価値があるかなと思っています。

ヨコ


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
タントラ哲学
ヨコさん、どうやったらタントラ哲学を学べますか?
興味があります。
2013/01/19(Sat) 02:53 | URL  | リン #-[ 編集]
なるほどです

ヨコさんのお知らせでかおりさんの舞台を拝見して、ヨコさんのおっしゃった通り、かおりさんの切れの良い舞に感動3981しました。パンフレットの中にあった文章は、なにかマントラみたいな感じがしましたが、今日の内容でよく判りました。ありがとうございました。
2013/01/19(Sat) 10:56 | URL  | さんが #-[ 編集]
奥深し。
「この世のすべてのものは、相反するものどうしが補い合って生まれるダンス」・・・昨年春から小学校でダンスが課目に採用されましたが意外なところで重要な役割を果たしそうですね。一人大海の中にあって自分の知恵を見つけていく事が愛に繋がっていくのでしょうか。ンンーーー!タントラ哲学・・・奥深し。
2013/01/19(Sat) 17:32 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: タントラ哲学
リンさん

残念ながら、「タントラ哲学」だけを一般向けに教えている一講座はないのが現状です。
年に一回、カルロス・ポメダ先生が来日しますから、その方の講義を受けることがよいでしょう。
わたくし自身も何人かの外国人の話を聞きましたが、ポメダ先生が一番偏りがないと思います。
今年も来日予定ですよ。

ヨコ
2013/02/12(Tue) 13:08 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
さんがさん

コメントありがとう!
またスタジオでよろしくお願いいたします。

ヨコ

2013/02/12(Tue) 13:09 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: 奥深し。
ゴチさん

タントラ哲学はあくまでも「世の中の見方、人の生き方、人生の考え方」の道筋を示しているだけです。
一つの考え方として、知る価値があるかなと思っています。

ヨコ
2013/02/12(Tue) 13:11 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。