神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョッとしたことで切れる人がいます。
ナニを言われても泰然自若の人もいます。

どこが違うのでしょう?

最近の研究で脳の働きに違いがあることがわかってきました。

怒りの感情はどこから発するかというと・・・・・、
扁桃体という場所と海馬が関係しています。

扁桃体は見たり聞いたりした情報を「快か不快か」で判断します。

不快と判断したときです。

海馬が働きます。
扁桃体の隣りにあります。
記憶に重要な場所です。
ここに情報が流れます。

過去の記憶と照らし合わせます。

ここで怒りの記憶と一致すると・・・・・、
怒りの感情が津波のように脳に拡がります。

目を見開きます。
大声を出します。
心臓がバクバクします。
冷や汗が出ます。
口が渇きます。

この津波のような情報の拡がりを押さえ込む場所があります。

前頭前野です!


前頭前野と扁桃体


ここが感情の大きな変動を緩やかにするのです。

切れやすい人はこの働きが弱い人です。
切れにくい人はこの働きが強い人です。

テンカン発作は脳の中でまさに津波のような拡がりが起きる現象です。
抗テンカン薬はこのような津波の活動を抑えるのです。

双極性障害という病気があります。
うつ病になったり躁病になったりと二相性を繰り返します。
躁病のときは、かなりの頻度で感情のむらが激しくなります。

気分の良いときは安定しています。
チョッとした刺激で急激に感情が爆発します。
周囲に怒りをまき散らします。
罵詈雑言の世界です。

脳の中で怒りの津波が起きているのです。

抗テンカン薬を服用すると・・・・・、
感情のむらが少なくなります。

切れなくなってくるのです。

アメリカではこの抗テンカン薬を「ムードスタビライザー」と呼びます。
日本語で「気分安定薬」です。


病気でなくても切れ安い人がいます。

やはり前頭前野の働きの違いだと考えられています。
疲労やストレスや睡眠不足が大きく関連しています。
疲労やストレスや睡眠不足は前頭前野の働きを弱くするのです。

相手と関係無く、ところかまわず切れる人もいます。
幼児期から思春期までの両親(とくに母親)との確執に問題があると言われています。

座禅がその前頭前野の働きを高めるという研究が報告されました。
瞑想と呼吸の安定がその効果を生むのです。

つまり・・・・・、
瞑想と呼吸こそがムードスタビライザーなのです。


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2013/03/12 23:58】 | ウツよ、さようなら!
トラックバック(0) |


リン
よく怒りが爆発するっていうけど、脳の中はてんかん発作みたいになってるんですね。なるほどです。

前頭前野
ゴチ
座禅によって前頭前野の働きが良くなると言う事はアヌサラヨガでも同じような効果が得られると言う事が言えますね。駅のホームなどで切れて大暴れする人を見かけますが、みっともない光景です。世の中から凶暴な人を無くしたいものです。

Re: タイトルなし
ヨコ
リンさん

テンカン発作が大人でもある人には、小児期に熱性けいれんの既往があるという統計が出ています。
どちらも脳の中で異常放電が瞬時に起きている現象です。

「癇癪(かんんしゃく)持ち」という字は「癲癇(てんかん)」と「癇(かん)」が一致しています。
癇の強い子供(チョッとしたことで泣きわめく子)のあの癇ですね。

ヨコ



Re: 前頭前野
ヨコ
ゴチさん

前頭前野の働きを高めるのは、アヌサラヨガだけではなく、座禅の元ネタとなったヨガの呼吸法や瞑想法が効果が期待できますね。

ヨコ



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
よく怒りが爆発するっていうけど、脳の中はてんかん発作みたいになってるんですね。なるほどです。
2013/03/13(Wed) 08:36 | URL  | リン #-[ 編集]
前頭前野
座禅によって前頭前野の働きが良くなると言う事はアヌサラヨガでも同じような効果が得られると言う事が言えますね。駅のホームなどで切れて大暴れする人を見かけますが、みっともない光景です。世の中から凶暴な人を無くしたいものです。
2013/03/13(Wed) 22:51 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: タイトルなし
リンさん

テンカン発作が大人でもある人には、小児期に熱性けいれんの既往があるという統計が出ています。
どちらも脳の中で異常放電が瞬時に起きている現象です。

「癇癪(かんんしゃく)持ち」という字は「癲癇(てんかん)」と「癇(かん)」が一致しています。
癇の強い子供(チョッとしたことで泣きわめく子)のあの癇ですね。

ヨコ

2013/03/14(Thu) 20:25 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: 前頭前野
ゴチさん

前頭前野の働きを高めるのは、アヌサラヨガだけではなく、座禅の元ネタとなったヨガの呼吸法や瞑想法が効果が期待できますね。

ヨコ

2013/03/14(Thu) 20:27 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。