神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間の神楽坂近辺の住宅地を歩きます。
ある住宅の玄関脇を通ります。

( ゚o゚)ハッ!

笹の葉の中に白い花が咲いています。


DSC03875.jpg


ズームインします。


シャガです!


DSC03871.jpg


なんでシャガなんでしょう?

かつてこの植物に名前を付けた人がいました。

細長い葉が地面から扇型に拡がります。
扇型に拡がる植物の中国名が「射干」でした。
中国語の発音は「ヤカン」です。

ときとともに・・・・・、
「ヤカン」が漢字読みの「シャカン」に変化します。

そして・・・・・、

「シャガ」になったのです。


ところが・・・・・、
この命名者は勘違していました。

大勘違いです!!!

扇型の葉をつけた花は、檜扇(ヒオウギ)だったのです!

ヒオウギ


ヒオウギとは平安時代に貴族の女性が使った扇です。
檜(ひのき)の薄い板を重ね合わせた扇です。
だから「檜扇」です。


檜扇


ヒオウギのお花は・・・・・、


ヒオウギ1


全然、違うお花ですね!

さて・・・・・、
シャガにまつわる間違いをもう一つご紹介しましょう!

シャガの学名は、Iris japonica

Iris japonica とは、「日本のアヤメ」という意味です。

ところがシャガは日本原産ではありません。
中国原産だったのです。
かつて昔に中国から渡来した「帰化植物」だったのです。

もう一つの大間違いを!

Wikipediaにあります。

シャガは東京都では準絶滅危惧種なんて書いてあるけど、
神楽坂にも市ヶ谷にも本郷にも小石川にもたくさん咲いています。
表参道の交差点には地下鉄から出た交番の裏にもたくさん咲いています。

Wikipediaを書いた人は「ヒメシャガ」といって1~2センチのシャガの小型版と間違えたのです。

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2013/04/22 23:29】 | お花
トラックバック(0) |

ミノカサゴ
ゴチ
シャガって魚のミノカサゴをイメージしてしまいます。横浜にも民家の庭先に咲いています。花弁の模様が複雑で不思議に感じます。

Re: ミノカサゴ
ヨコ
ゴチさん

この花はご指摘の通りに複雑です。模様のついた花は萼で、
中央が凹んだ白いところがいわゆる花です。
中央から3つの細長いラッパ状の出っ張りはめしべです。

胡蝶蘭にも似ているので、「胡蝶花」ともいいます。

ヨコ




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ミノカサゴ
シャガって魚のミノカサゴをイメージしてしまいます。横浜にも民家の庭先に咲いています。花弁の模様が複雑で不思議に感じます。
2013/04/23(Tue) 22:02 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: ミノカサゴ
ゴチさん

この花はご指摘の通りに複雑です。模様のついた花は萼で、
中央が凹んだ白いところがいわゆる花です。
中央から3つの細長いラッパ状の出っ張りはめしべです。

胡蝶蘭にも似ているので、「胡蝶花」ともいいます。

ヨコ


2013/04/24(Wed) 20:44 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。