神楽坂を中心に都内の各地で経験したヨガや癒しや心の健康を話題にします。一番上のブログ名をクリックすると、過去10回分の記事が見られます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人さんが4月よりお仕事場に入っています。

ようやく慣れたかと思いきや・・・・・、
ケアレスミスが目立って来ました。

先週です。
後輩のケアレスミスにわたくしが怒らずに指摘したときです。

先輩の看護師がいいます。

あんた!
怒らずに叱る人はヨコさんくらいよ!
よく心に留めなさいね!


本当に最近チョッとしたミスが増えています。
ミスがなくなりません。

多くがヒヤリハットに近い失敗です。

わたくしのお仕事場ではヒヤリハットを報告する義務があります。
その一歩前のミスです。


失敗学で有名な法則として、「ハインリッヒの法則」があります。

300のヒヤリハットが続くき、
29の軽度の事故が続くき、
1の重大事故が起こる!

これは本当だと思います。

いままでの経験から重大な事故の起きた状況をあとで考えると・・・・・、
この法則が当たっていたのです。

これはどの職業でも起こりえます。

医療現場でも、会社でも、学校でも、演劇でも、
ちょっとしたミスをあなどっていると必ず足をすくわれるのです!

ミスを忘れてしまう人ほど・・・・・、
あとあと重大な事件に巻き込まれるのです。


では・・・・・、
ケアレスミスした人に
どうやって防止を教え込むのがよいのでしょうか?


怒ってはダメです。
逆効果が多いのです。
その場は取り繕えるでしょう。

でも・・・・・、
返って緊張してしまうのです。

怒ったわたくしも感情的に辛くなります。

だからこそ・・・・・、
わたくしはあえて笑って叱ります。

(・_・)......ン?

そうです!
笑って叱ります。

「アハハ!」

必ず笑い声を上げます。
本当に笑い声を出します。

そして、叱ります。
顔はあくまで笑顔です。

怒ってその場を反省させても心の中に恨みを買うだけです。
大切な反省が残らないのです。

笑顔で「説明する」のです。

「説教」ではありません。
どこまでも「説明する」のです!

なにがミスだったのか!
なぜよくなかったのか!
もし間違ったらどういうことになるのか!
どうしらミスが防げるのか!

しつこくではなく、
簡単に言います。

大切なことは・・・・・、
相手の目を見て、
「笑顔で説明する」ことなのです。\(^^@)/


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2013/06/19 23:22】 | happy life
トラックバック(0) |


ルンバ

ヨコさんのところで働きたい。。。

難しい
ゴチ
「笑って叱る」って難しいですね。相手に緊張させないで要点をしっかり指摘し、理解して貰うと言う事でしょうか。「ヒヤリハット」懐かしい響きです。

Re: タイトルなし
ヨコ
ルンバさん

隣の芝生は青いです。

ヨコ



Re: 難しい
ヨコ
ゴチさん

「笑って叱る」で大切なのは、場所と時間です。
相手にダメージをかけ過ぎては逆効果です。

>「ヒヤリハット」懐かしい響きです。
いまでも毎月に報告されます。
反省なくして進歩無しですね。

ヨコ



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント

ヨコさんのところで働きたい。。。
2013/06/20(Thu) 07:54 | URL  | ルンバ #-[ 編集]
難しい
「笑って叱る」って難しいですね。相手に緊張させないで要点をしっかり指摘し、理解して貰うと言う事でしょうか。「ヒヤリハット」懐かしい響きです。
2013/06/20(Thu) 22:01 | URL  | ゴチ #2SrXe8Q6[ 編集]
Re: タイトルなし
ルンバさん

隣の芝生は青いです。

ヨコ

2013/06/21(Fri) 23:35 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
Re: 難しい
ゴチさん

「笑って叱る」で大切なのは、場所と時間です。
相手にダメージをかけ過ぎては逆効果です。

>「ヒヤリハット」懐かしい響きです。
いまでも毎月に報告されます。
反省なくして進歩無しですね。

ヨコ

2013/06/21(Fri) 23:38 | URL  | ヨコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。